【2021】フリーのピアノ音源・エレピ音源のおすすめ17選!【無料プラグイン】

  • 最終更新日:2021.04.15
  •  
  • DTM
【2021】フリーのピアノ音源・エレピ音源のおすすめ17選!【無料プラグイン】

今回は無料で使えるアコースティックピアノ音源、エレクトリックピアノ(エレピ)音源の紹介です!

お金をかけずとも良い音のピアノで楽曲を作りたい人はもちろん、ちょっとしたピアノの自宅練習をしたい人にもオススメしたいフリーソフトを揃えてみました。

今回紹介するソフトは本当に全て無料なので、とりあえず全てダウンロードしてみて、その中からお気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

また、有料のピアノ音源については以下の記事にまとめてありますので、こちらもあわせてどうぞ!

それでは早速紹介していきましょう!

Komplete Start

Komplete Startは「Komplete」という製品でDTMerにはお馴染みの、Native Instrumentが出しているバンドル(複数のプラグインを集めた製品)です。

こちらはKompleteの無償版という位置付けなのですが、たくさんのプラグインが収録されいて、本当に無料だとは思えません…!

 

内容としては、エレピやオルガン、シンセサイザーなどの鍵盤楽器はもちろん、それ以外にもベースやドラムなど数多くの音源が付属しています。

残念がらアコースティックピアノ音源は付属しないのですが、「Hybrid Keys」というピアノやエレピ、シンセサイザーを混ぜた音が鳴らせる音源のフリー版が付属しているので、そちらをチェックしてみてください。

また、Komplete Startにはフリー音源のエンジンとしてよく使われている「Kontakt Player」という製品も付属しています。

無料でDTMを楽しみたい方は、遅かれ早かれKontakt Playerが必要になってくると思いますので、必ずダウンロードしておきましょう!

 

ダウンロードはこちら

 

SampleTank Custom Shop

Sample Tank Customshopは「SampleTank」というマルチ音源のフリーバージョン。

無料でありながら約30種類もの音源を使うことができるので、非常にオススメです。

フリーでもグランドピアノの音源はもちろん、ストリングスやブラス・セクション音源まで入っているのでぜひ使ってみてください。

 

ダウンロードはこちら

 

Spitfire Audio LABS Soft PIANO

Soft Pianoは「Chamber Strings」というストリングス音源などで有名な、Spitfire Audioというメーカーが出しているピアノ音源です。

Soft Pianoという名前の通り、かなり柔らかめの音がします。

使いどころを選ぶ柔らかさですが、音のクオリティは素晴らしいのでバチッとハマればかなり使えますよ。

雰囲気があるサウンドなので、劇伴系やLo-fi HipHopなどにもよさそうです。

 

ダウンロードはこちら

 

Spitfire Audio LABS ELECTRIC PIANO

先程のSoft Pianoを作っているSpitfire Audioはこちらのエレピ音源も無料で配布しています。

デモ動画を聴いてもらえれば分かりますが、かなり音が良いです。

無料でこのレベルの音源が手に入るというのは素晴らしい時代になりました。

 

ダウンロードはこちら

 

Chamber Orchestra 2 Community Edition

 

海外のソフトウェアフォーラムGitHub上で開発されているフリーのオーケストラ音源です。

ピアノ単体音源ではありませんが、もちろんピアノも入っています。

これが無料というのだから驚きですよね。

オーケストラ楽器の音をサンプリングしたデータをネット上で公開し、それを有志の人がVSTiにしたりKontakt音源にしたりしているようです。

以下リンクではページ真ん中あたりにさまざまフォーマットでのダウンロードリンクがあるので、お好きなものを選んでみてください。

 

ダウンロードはこちら

 

Piano One

ヤマハのC7をシミュレートしたピアノ音源。

クラシックはもちろんですが、結構硬めの音なのでポップスにも使えると思います。

今の所32bitまでしか対応していないので注意です。

 

※2019年1月9日追記

最新版のPiano Oneは64bitに対応し、UIも新しくなりました。

かなり使いやすくなっていますのでぜひどうぞ!

 

ダウンロードはこちら

 

Keyzone Classic

いろいろダウンロードするのが面倒という人には、いくつかの音がまとめて入っているこちらがオススメです。

YAMAHAやSteinwayといったグランドピアノ音源だけでなく、フェンダーローズやハモンドオルガン、アコーディオンなども入っています。

イジれるツマミが多いので、極端にエフェクトを掛けたり、バッサリとリリースを切ったりすればピアノ以外の音にもすることが可能です。

 

ダウンロードはこちら

 

Piano in 162

Ivy Audioというメーカーが出しているフリーピアノ音源です。

Steinway(スタインウェイ)のピアノをサンプリングした音源で、Kontakt形式とSFZ形式で配布されています。

無料ではありますがKontaktバージョンの方は約6GB、SFZバージョンは約4.6GBと、かなり大容量。

サウンドのクオリティもかなり高く、有料音源に匹敵するレベルだと思います。

 

ダウンロードはこちら

 

VS Upright 1

アップライトピアノをサンプリングした音源。

アップライト独特の軽めの響きが綺麗で、低音がボワボワしないのでクラシックよりもポップスなどにおすすめ。

サウンド的にジャズなどにも合いそうです。

 

ダウンロードはこちら

 

RDGAudio free piano

動作が軽めなピアノ音源。

グランドピアノにしては音が結構軽めな感じですが、ポップスのオケに混ぜるくらいでしたらこのレベルでも十分かもしれません。

ちなみにストリングやパッドをレイヤーすることもできます。

 

ダウンロードはこちら

 

CVPiano

マニアにはたまらない(?)ペラペラな音のピアノ音源。

ものすごく抜けがいいのでロックやAORによく合いそうですね。

逆にクラシックはあんまり向いてない音源です。

 

ダウンロードはこちら

 

Creepy Piano

なんだかおどろおどろしいピアノ音源。

ハロウィンソングやホラー系の楽曲に合いそうな雰囲気のサウンドです。

ゴシック系の怪しげな曲を作っている人はぜひどうぞ。

 

ダウンロードはこちら

 

Atmos

さっきのCreepy Pianoと同じメーカーが作っている音源です。

こちらもダークな雰囲気で最初からリバーブがかかりまくっています。

単体でかなり雰囲気がでるので映像のBGM制作などが捗りそうですね。

 

ダウンロードはこちら

 

Iowa Piano

Steinwayをサンプリングしたピアノ音源。

凄くきれいな音が特徴で、クラシックにも十分対応可能かと思います。

ドライで録音されているのでジャズやポップスにも合うのではないでしょうか。

 

ダウンロードはこちら

 

Sweetcase Vintage Electric Piano

無料でもしっかりとしたエレピ音源が欲しいのならこちらもおすすめです!

太めでスウィートなサウンドなので、ジャズやシティポップにはぜひ使って欲しい音源のひとつ。

有料音源にも引けをとらないクオリティです。

 

ダウンロードはこちら

 

Wurly Premier G

ウーリッツァー音源。

ラインではなくウーリッツァー内蔵スピーカーをわざわざマイク撮りして作られているんだとか。

音もアナログチックな感じで、太さがあります。

 

ダウンロードはこちら

 

4Front Piano

アップライトピアノ音源。

若干ホンキートンクっぽさがあるので、ラグタイムなどに合いそうですね。

もちろんポップスもばっちりOK。

 

ダウンロードはこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お気に入りのソフトを見つけてぜひ音楽ライフをエンジョイしてくださいね。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

 

DTMカテゴリの最新記事