【2019】ギター歴10年が選ぶおすすめのコーラス・エフェクター10選!

【2019】ギター歴10年が選ぶおすすめのコーラス・エフェクター10選!

コーラスは音を美しく揺らしたり、厚みを加える、ギタリストには定番のエフェクター。

いわゆるモジュレーション系エフェクターの中でも最もポピュラーな存在で、クリーントーンのアルペジオやカッティングはもちろん、ディストーションサウンドにかけても面白い効果が得られます。

今回は、そんなコーラスエフェクターの中でも特にオススメなものを、ギター歴10年以上の筆者が選んでみました!

それぞれのサウンドもすぐ聴けるようになっているので、購入を検討している人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

BOSS / CE-5

サウンドハウス

コーラスエフェクターといえばBOSSの「Chorus Ensemble」シリーズが一番最初と言われています。

こちら「CE-5」はChorus Ensembleシリーズの現行品で、CE-1と同じ系統の深いコーラスがかかるエフェクターです。

Chorus Ensembleシリーズの初期モデルはアナログエフェクターでしたが、CE-5はデジタルエフェクターになっており、ノイズにも強くなっています。

操作性の面ではFilterというツマミがあり、耳障りになりやすい高音域や、音がボヤけやすい低音域を自由にカットしながら音作りができるようになっているのがオススメポイントです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 


BOSS / CH-1

サウンドハウス

Chorus Ensembleと並んで、BOSSのコーラスエフェクターの中でも有名なSuper Chorusというシリーズ。

Chorus Ensembleは深いうねりを特徴としていますが、こちらはより爽やかなかかり方をするので、クリーントーンの厚みをちょっと増やしたいときやアコギなどにも使えるエフェクターと言えるでしょう。

CE-5に比べてツマミがシンプルなので、初心者にはこちらがオススメ。

CE系統はモデルチェンジを繰り返していますが、CH系統はいまだに「CH-1」のままなので、完成度の高さがうかがえるロングセラーコーラスです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

BOSS / DC-2W

サウンドハウス

またもやBOSS製品のコーラスエフェクター。

「DC-2W」はヴィンテージエフェクターとして有名な、Dimensionコーラスを現代によみがえらせたWAZA CRAFTシリーズのコーラスです。

原音を揺らさずに音を広げるというユニークな特徴をもったコーラスで、ほかにはない特徴的な音作りが可能になります。

また、普通のエフェクターというとツマミでサウンドを変化させますが、こちらは4つのスイッチが搭載されているのみ。

左から順番にコーラスが強くかかる仕様で、複数のスイッチを同時に押すことも可能になっています。

スイッチを押すだけなので、初心者でも簡単に音作りができるはずです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

MAXON / CS-550 Stereo Chorus

サウンドハウス

MAXON「CS-550」は日本で誕生した、定番のアナログコーラスエフェクター。

日本を代表するギタリストであるCharが監修しており、さまざまなギタリストから評価が高いコーラスになっています。

アナログということもあり、デジタルコーラスよりも温かみのある音が特徴。

他のコーラスよりも少しクセの強いかかり方をしますが、独特の明るさがあるサウンドです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

Electro-Harmonix / Neo Clone

サウンドハウス

ニルヴァーナのカート・コバーンが愛用されたことで知られるElectro-Harmonixの「Small Clone」。

こちら「Neo Clone」はそのSmall Cloneの欠点であったサイズをコンパクトにしたコーラスエフェクターです。

オリジナルのSmall Cloneと同等の効果を得るために、同じ回路と高品質なBBDチップを使用し、小型化されています。

2段階のDEPTHスイッチとRATEノブが搭載されており、爽やかで優しいかかり方からうねりの深いかかり方まで自由自在。

操作がシンプルなので、音作りが苦手な人にもオススメできるコーラスです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

MXR / M-234 Analog Chorus

サウンドハウス

MXRの「M-234」は今では少なくなってしまったアナログコーラスの現行品。

アナログならではの温かみがあり、かつ爽やかなかかり具合を楽しむことができるコーラスエフェクターです。

本体には5種類のツマミが搭載されており、「Hi」と「Low」というフィルターを使えば、エフェクト音の音質をコントロール可能です。

エグい音というよりはさらっと綺麗な音なので、アコギとも相性が良いでしょう。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

TC Electronic / Corona Chorus

サウンドハウス

ありとあらゆる音を一台で済ませたい人にオススメなのがTC Electronic「Corona Chorus」です。

こちらはプロギタリストからの評価も高いコーラスで、爽やかで美しいコーラスから、アナログ感のあるエグいコーラスサウンドまで自由自在。

ありとあらゆるコーラスサウンドに対応できます。

また、こちらはTC Electronicの他のペダルと同じく「Tone Print」という機能が搭載されており、パソコンから音を編集したり、有名なプロギタリストのサウンドをそのまま本体に移植することも可能です。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

TC Electronic / 3rd Dimension Chorus

サウンドハウス

お手頃な価格でアナログコーラスを手に入れたいというあなたにオススメなのがTC Electronic「3rd Dimension Chorus」です。

こちらは往年の名器で現在は生産終了になってしまっている、BOSS「DC-2」の回路を参考に作られているようで、コントロールもDC-2と同じく、4種類のスイッチが搭載してあります。

スイッチは複数を同時にオンにすることもでき、合計で16種類の音作りが可能。

オン/オフを切り替えるだけなので、音作りが苦手な人でも簡単です。

そしてなによりこのエフェクターの凄いところはこの価格!

たった5000円前後でここまでのクオリティのものが手に入るなんて素晴らしい時代になりました。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

Strymon / Ola Chorus & Vibrato

サウンドハウス

近年になってかなり知名度が上がった、高級空間エフェクターの代名詞といってもいいブランド、Strymonの「Ola Chorus & Vibrato」です。

こちらはデジタルエフェクターではありますが、アナログコーラスの回路を内部で完全にシミュレートしており、

  • ノーマルな「Chorus
  • ディレイ音を3層にして揺れを与える「Multi
  • ヴィンテージのビブラートを再現した「Vibrato

の3種のコーラスタイプが選択可能。

さらにピッキングの強弱でエフェクト量を変えるモードなどがあり、多彩な音作りが可能になっています。

多少お値段は張りますが、どれも音質が素晴らしく、音に拘りがあるギタリストにはこのエフェクターがイチオシです!

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

One Control / Dimension Blue Monger

サウンドハウス

エフェクターボードの邪魔にならないコンパクトなコーラスエフェクターを探しているならOne Controlの「Dimension Blue Monger」がイチオシです!

One Controlは著名エフェクタービルダーであるBJFことBjorn Juhlが参加しているエフェクターブランドで、小型でありながら高い操作性や音質を誇るエフェクターをたくさんリリースしています。

こちら「Dimension Blue Monger」は水が流れるようなサウンドをイメージして作られており、透明感があるどこまでも深い音が魅力。

かなり強く効かせることも可能ですが、どこまでいっても爽やかさを失わないサウンドです。

また、こちらはアルミ削り出しの筐体を使っていることもあり、お値段以上に高級感があるエフェクターといえるでしょう。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック


まとめ

音に厚みを加えるコーラスエフェクターの紹介でした。

自分にぴったりなものを見つけて音作りにいかしてみてくださいね。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事