キーボードがかっこいいバンド15選!コピーバンドの曲にも最適

キーボードがかっこいいバンド15選!コピーバンドの曲にも最適

キーボードやシンセサイザーは楽曲に華やかさや深みを加えるのに欠かせない存在です。

今回はキーボードがかっこいいバンドの中でも、個人的に特にオススメなものをいくつかピックアップして紹介したいと思います!

コピーバンドにもオススメできるものばかりなので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

それでは早速いってみましょう!

 

official髭男dism

official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)は、新世代のバンドとして若い世代を中心に大人気になっています。

シンセサイザーやピアノを効果的に使うバンドとしても有名で、フレーズがとてもカッコイイですよね。

J-POP路線の曲から、洋楽テイストの曲まで幅広い音楽性を持っているバンドなので、お気に入りの曲もきっと見つかるはずです!

 


King Gnu

King Gnu(キング・ヌー)はさまざまなジャンルを縦横無尽に行き来するバンドとして、若者を中心に人気が急上昇しています。

かっこよくてオシャレな曲をたくさんリリースしているので、コピーをするときにもテンションが上がること間違いなし。

特にこの『白日』は彼らの代表曲として知られているので、ぜひチェックしてみてください。

 

Suchmos

Suchmosもキーボードがいるバンドとして有名ですよね。

この『STAY TUNE』という曲はテレビCMに使われたこともあり、聴いたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

おしゃれでクールな曲が多いので、そういう音楽が好きな人ならハマること間違いなしです。

 

SIRUP

SIRUPはヒップホップやR&Bからの影響を感じさせる、オシャレ系の曲を得意としています。

ボーカルの歌唱力が高く、曲もグルーヴィーなので、日本というよりも海外っぽいですよね。

ドラムは打ち込みのものが多いですが、コピーをするときにはドラムパッドを使ったりはもちろん、生のドラムに置き換えてもカッコイイんじゃないでしょうか。

 

CHAI

実力派のガールズバンドとして、人気急上昇中のCHAI。

グラミー賞を目指して活動している彼女たちは演奏もかなり本格的で、メンバーにはボーカル・キーボードがいます。

歌詞は何だかよくわからないものが多いですが、演奏を中心に音楽を聴く人にはかなりオススメです。

 

D.A.N.

D.A.Nはループ主体のダンスミュージックを、バンドサウンドに落とし込んでいるのが特徴。

歌も楽器パートの一部といった感じなので、普段はポップスを聴いている人にとってはかなり新鮮なのではないでしょうか。

シンセサイザー・キーボードの音色もかなり洗練されていますね。

 

Tempalay

Tempalayはもともとギターボーカル、ベース、ドラムというシンプルな3ピースバンドでしたが、2018年にシンセ・キーボードを担当するメンバーが加入しました。

それによってサウンドにもかなり変化があり、今ではキーボードがかっこいいバンドというイメージもついています。

洋楽からの影響を感じさせるサウンドが特徴で、今の音楽シーンを象徴するバンドといっても過言ではありません。

 

ヨルシカ

ヨルシカは人気ボカロPのn-buna(ナブナ)さんと、ボーカリストのsuis(スイ)さんを迎えて結成したバンドで、曲にはキーボードやピアノがよく登場します。

さわやかなサウンドと意味深な歌詞の対比を活かした曲作りをしていて、若い人を中心に人気を集めています。

エモーショナルでポップなロックといった感じの曲が多いので、邦楽ロックが好きな人にオススメです。

 

ずっと真夜中でいいのに。

「ずっと真夜中でいいのに。」は2018年にこの『秒針を噛む』のミュージックビデオを公開したことで人気が急上昇しました。

バンドというよりも音楽ユニットと言われていますが、2019年時点でメンバーについてはボーカルの「ACAね」さんしか公開されておらず、謎が多い存在です。

ピアノが入っている楽曲が多いので、キーボードがいるバンドがコピーするときにもオススメできます。

 

ゲスの極み乙女。

いろいろなところで有名な川谷絵音さんがボーカルを務めるバンド、「ゲスの極み乙女。」もキーボードがかっこいいバンドです。

キーボード担当の「ちゃんMari」さんはクラシックピアノの経験があり、バンドの曲にもそれが活かされていますね。

彼女と同じく、クラシックのピアノを習っていた人は練習してみてはいかがでしょうか。

 

サカナクション

サカナクションは、邦楽が好きな人なら必ず聴いたことがあるバンドではないでしょうか。

バンドメンバーにはキーボード担当がいて、曲もキーボードが目立つものがたくさんあります。

特に彼らの代表曲ともいえる『新宝島』は、最初からシンセの音が前面に出ていてカッコイイですよ。

 

Mrs. GREEN APPLES

ポップで派手なサウンドが好きならMrs. GREEN APPLESがオススメです!

ギターが入っているロックバンドではありますが、シンセの音が前面に出ていてかわいくて派手な曲がたくさんあります。

男性ボーカルでこういった曲はそこまで多くないので、要チェックです。

 

キュウソネコカミ

ツッコミどころ満載な曲や面白おかしい曲をたくさんリリースしているバンド、キュウソネコカミもキーボードがいるバンドです。

キーボードは片手で弾けるような単純なフレーズが多いですが、逆にそれが耳を引く効果的な音の使い方をしていますね。

キーボードだけでなく、ギターやベース、ドラムもシンプルな曲が多いので、初心者バンドがコピーをするときにもオススメです。

 

東京事変

椎名林檎さんが所属していた東京事変は2012年に解散してしまったバンドですが、今でも根強い人気があり、軽音楽部・サークルがコピーをする曲としても定番です。

メンバー個々の演奏能力が高いバンドなので、コピーをするときには、しっかりと練習しましょう。

また、曲によってキーボードとピアノを使い分けているのもオシャレな感じですよね。

 

Maroon5

キーボードが入っている洋楽のバンドを探しているならオススメなのがMaroon5。

Maroon5は世界で最も人気のあるバンドのひとつで、彼らの代表曲『Sugar』は、2019年現在YouTube上で29億回以上も再生されてるという人気っぷり。

Maroon5は最新のサウンドを取り入れることにも積極的で、新しい曲ではエレクトロ系のサウンドからの影響も感じさせます。

 


VULFPECK

VULFPECKは今、音楽マニアを中心に人気のおしゃれなインストバンド。

昔っぽいサウンドや映像のミュージックビデオに定評があり、日本のミュージシャンの中にもファンが多いことで知られています。

キーボードのサウンドはエレピが中心で、ファンクやモータウン系のポップスの曲が多いです。

音楽レビューカテゴリの最新記事