音楽系YouTuberの始め方と必要機材まとめ

  • 最終更新日:2019.06.18
  •  
  • 雑記
音楽系YouTuberの始め方と必要機材まとめ

どうも、サッキー(@Sakky_tokyo)です!

突然ですが、僕は先日YouTubeを始めました。

初投稿したのがこの動画です。

今後、音楽系YouTuberはもっと増えると思いますが、なかなか始めるのが難しいですよね。

ということで、このページでは音楽系YouTuberになりたい人のために、YouTuberのなり方をまとめてみました。

 

ジャンルを考えよう

まずYouTuberになりたいならジャンルを考える必要があります。

音楽YouTuberのジャンルは大きく分けると以下の3つになることが多いんじゃないかと。

  • おもしろYouTuber系
  • カバー系
  • ハウツー系

この3ジャンルの特徴とともに、ジャンルごとの稼ぎ方と人を集める難易度も紹介していきます。

おもしろYouTuber系

集客 ★☆☆
稼ぎやすさ ★☆☆
マネタイズ方法 広告収入、案件動画、ライブ、音源

ヒカキン氏など、おそらくYouTuberの王道系ジャンルです。

例としては「夕闇に誘いし漆黒の天使達」というYouTuberがこのジャンルに当てはまります。

イメージとしては、おもしろ系の動画をたくさん投稿して人を集めつつ、集めた視聴者を自分たちの音楽活動に流していく感じですね。

普通のYouTuberたちと同じ土俵で戦うことになるので、集客はめちゃくちゃ大変になるでしょう。

それに伴って相当頑張らないと稼げないのがこのジャンル。

 

ですが視聴者層の人数が多いので、もし視聴者を集められたら収入もかなり増えますね。

最初はかなりつらい戦いですが、爆発力があります。

 

カバー系

集客 ★★★
稼ぎやすさ ★★☆
マネタイズ方法 広告収入、ライブ、音源

YouTuberでいうと、コバソロ氏などがこのジャンル。

YouTubeで音楽を検索するときにカバー動画が結構出てきますよね。

 

検索量が多いのでカバー動画は人をたくさん集めやすい反面、マネタイズはそこまで有利ではありません。

最近のYouTuberの動画って10分以上の長尺動画が増えているんですが、これには理由があって、10分以上の動画だと1つの動画に複数の広告を貼ることができるんです。

カバー系の動画だと(曲の長さ的に)10分を超えるのが難しいので、収益的には若干不利な感じがあります。

もちろん音楽活動にお客さんを流すことでさらなる収益化もできますので、やり方次第ですね。

 

ハウツー系

集客 ★★☆
稼ぎやすさ ★★★
マネタイズ方法 広告収入、案件動画、ライブ、音源、講師業

SLEEP FREAKSさんなどがこのジャンル。

海外では結構こういう動画が多いんですが、日本語で勉強できる動画が現在ほとんどないので、かなり有利に始めることができます。

ただ視聴者の母数自体がそこまで多くないので、チャンネル登録などの上限は低めになるかと。

ハウツー系の視聴者は購買意欲が高めなので、マネタイズはかなり有利です。

 


YouTubeの始め方

ジャンルを決めたら早速動画を投稿していきましょう。

動画を作るにあたっては

  • 機材を揃える
  • 動画を撮影する
  • 撮影した動画を編集する

という3ステップを踏んでいきます。

それぞれを詳しく説明していきますね。

機材を揃える

結論からいえば、必要な機材は以下の通り。

最低限必要な撮影機材
  • カメラ
  • 動画編集ソフト

最低限ならこの2つだけでOKです。

カメラはスマホでもOKで、動画編集ソフトは無料のものがたくさんあります。

たとえばプロの現場でも使われるDavinci Resolveというソフトは、機能制限版が無料で使えるので、ぜひ使ってみましょう。

機能制限とはいっても、YouTube動画に必要な機能はほとんど制限されていないので、とてもオススメです。

Davinci Resolve公式サイト

 

この2つだけでも十分なんですが、あると便利な機材も紹介しておきます。

あると便利な機材
  • 三脚
  • 外付けHDD
  • 照明

三脚はあるとかなり便利です。

カメラを自由に移動できるのはやっぱり強い。

スマホ対応している三脚も最近は多いので、予算に余裕があったらすぐに買いましょう。

 

また、動画はかなり容量を食うので、すぐにパソコンがパンパンになります。

外付けHDDがあると便利なんですが、買うなら2TBくらいで十分です。

あと、顔出しをするなら照明があるとキレイに撮影できます。

 

動画を撮影する

まあ、そのまんまですね。実際に動画を撮影していきましょう。

撮影するときのコツとしては、完成形から逆算して必要なシーンを集めていくという感覚を持つこと。

そのためには、撮影前にある程度の方向性を決めておくことが重要です。

 

編集する

編集でやることは主に3つ。

  • カット編集
  • テロップ入れ
  • BGM・効果音の挿入

(カバー動画ではカット編集だけでOKです。)

この3つが分かりやすい動画があるので紹介します。

カット編集

テロップ入れ

BGM・効果音の挿入

音楽系YouTuberは自分の音楽との兼ね合いもあるので、BGMの入れ方はいろいろと工夫してみてください。

 


とりあえず投稿してみましょう

編集し終わった動画を公開すれば即YouTuberデビューです!

どうでしょうか。思いのほか簡単だと思います。

 

気をつけておきたいのは、完璧主義に陥らないということです。

楽器や作曲と同じで、最初は全然動画のクオリティも駄目で当然。

どれだけこだわっても、最初の100本くらいは数年後に見たらクソ動画である場合が多いです。

質を上げるためにどんどん投稿していきましょう。

それでは今回はこのへんで!

雑記カテゴリの最新記事