【レビュー】Ozone8の自動マスタリングを使ってみてわかった注意点

【レビュー】Ozone8の自動マスタリングを使ってみてわかった注意点

DTMerなら皆大好きOzone8はiZotope社から出ているマスタリング総合プラグイン。

リミッターやイコライザー、各種コンプレッサーなどマスタリングに必要なプラグインをひとまとめにしたバンドルです。

今回はそんなOzone8の目玉機能ともいえる「Master Assistant」で実際に自動マスタリングを使ってみて、レビューしてみました。

 

Master Assistant レビュー

Ozone8の自動マスタリング機能(Master Assistant)には「Streaming」「CD」「Reference」の3つモードがあります。

これらをそれぞれを同じ2mixに適用して比べてみました。

 

  • Streamingモード

SoundCloudなどの配信用に最適化されているモード。デフォルトではラウドネスが-14 LUFSになるように設定されていますが、自分で値を指定することができます。

  • CDモード

CDなど商業用のマスタリングを自動で行ってくれるモード。「Low」「Medium」「High」3種類の音圧を選べます。

  • Referenceモード

自分で用意した参考音源を読み込み、それに近づくようにOzoneが自動で解析しマスタリングしてくれる機能。

 


「Streaming」と「CD」モード

まずStreamingとCDの2つのモードについて。

これは分かりやすいですね。

音源を読み込んでストリーミングなどの配信に適した音、CDなどの商業音源に適した音にマスタリングしてくれるモードです。

音のクオリティも結構高めで、そこまでこだわる人じゃなかったらこの2つのモードで「YouTubeなどのインターネット配信用」「CD用」に分けてマスタリングすれば十分でしょう。

 

Referenceモードはかなり使える

さて、次のReferenceモードを使ってみました。

このモードは自分で用意した参考音源の音圧やイコライジングを自動で解析してくれて、それに近づくように自動でマスタリングしてくれるというもの。

プロがマスタリングした音源を用意すれば、勝手にそれに近づくようにしてくれるって言うんですから、本当だったらそんなに楽なことはありません。

 

で、使ってみたところ……

 

これかなり使える!

 

かなり参考音源に近づきました。

EQのかかり具合もかなり自然な感じ。

 

実際に何曲か異なる参考音源を用意してRefferenceモードを使ってみたところ、参考音源の雰囲気にしっかりと近づけてくれます。

ただ、音圧が高すぎる参考音源だとそれに無理やり近づけようとして音が割れることもあります。

ラウドネスに関しては自分でやったほうがよさそうです。

 

注意点

何回か使ってみて分かったこととしては「なんでも完璧にしてくれるわけではない」ということ。

もちろん、それなりに良い感じにはしてくれますが、そもそものミックスがあんまりよろしくない場合などは、Ozone8と言えども修復に限界があります。

特にDTM初心者の人はミックスもそこまで上手じゃないと思うので、Ozone8で自動マスタリングをしたからといって素晴らしい音源になったと思わないほうが無難です。

 

それにMaster Assitantモードで使われるエフェクトは以下の4種類のみ。

  • EQ
  • Dynamics
  • Dynamic EQ
  • Maximizer

テープシミュやビンテージ系のコンプなどは自分で適用しなければいけません。

(一応Ozone8にもそれらのエフェクトも搭載されていますが、マスターアシスタント機能では使われないということです。)

 

正直に言えばOzone8に搭載されているものよりも品質のいい他社メーカー製ビンテージ系エフェクターもあるので、自分はそっちを使っています。

また、マキシマイザーも音圧マシマシにできる感じではないので、高めの音圧にしたい人は他のプラグインを使った方が無難でしょう。

 


まとめ

巷でやたらと評判がいいOzone8の自動マスタリングですが、何でもかんでも素晴らしくしてくれるわけではありません。

もともとMaster「Assistant」機能ということは、アシスタント程度に考えて最後は自分の耳で調整してねってことなんでしょう。

とはいえ、初心者が自分でやるよりは相当マシですし、個別のプラグインの中にも優秀なものがあるので買う価値はあると思います。

ぜひ皆さんも試してみてください。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事