スーパー初心者向けDTM講座!最低限必要な機材も紹介

  • 最終更新日:2019.08.14
  •  
  • DTM
スーパー初心者向けDTM講座!最低限必要な機材も紹介

音楽が好きな人の中には、自分の手でオリジナル曲を作りたくなる人もいるでしょう。

そんな人にオススメなのがDTM。

DTMではパソコンやスマートフォンを使ってオリジナルソングを作っていくことができ、楽器ができなくても作曲が楽しめます。

今回はそんなDTMを今から始めようと思っている人にむけて、

  • DTMとは何なのか
  • DTMに向いてる人と向いてない人の違い
  • 最低限必要な機材
  • 初心者が最初にやるべきこと

など、初歩的な疑問について解説していきましょう!

 

DTMとは

DTMとは、Desk Top Musicの略で、簡単に言えば「コンピューターを使って音楽を作ること」全般を指す言葉です。

最近の音楽はほぼすべてパソコンを使って作られているので、あなたの聴いている音楽もほとんどがDTMによって作られているということになります。

 

DTMでは基本的にDAWDigital Audio Workstation)というソフトを使って、バーチャル楽器を演奏したり、生の楽器や歌を録音して一つの曲を作っていくのが基本です。

下の動画を見ればDTMでやることがすぐにわかるでしょう。

DTMはこのようにトラックごとに色々な音を出し、それを組み合わせて一つの曲を作っていくのが基本です。

 


DTMに向いてる人向いてない人

さて、DTMが何なのかわかったところで、DTMに向いている人と向いていない人について考えてみましょう。

DTMは一人でも本格的な音楽を作れるというメリットがありますが、逆に言えば作詞作曲や編曲、演奏などを一人でこなさなければいけません。

しかも、作詞や作曲などそれぞれの分野には専門職がいるほど難しいのは事実。

DTMをやるということはそれぞれを自分の力で習得していく必要があります。

 

では、そんなDTMに向いている人はどういう人かというと、まずは「自分で調べて問題を解決できる人」。

初心者のうちは次から次に分からないことが出現するのですが、身近にDTMをやっている人がいなければすべて自分でかいけするつ必要があります。

身近にDTMの先輩がいれば教えてもらえることもあるんですが、作業環境が違うので一から十まで教えてもらえるわけではありません。

今の時代はネットで調べれば大抵のトラブルは解決できますが、自分で調べる能力がない人はDTMに向いているとは言えないでしょう。

逆に、このページを見てくれているということは、あなたはネットを使って自分の手で情報を集められる人ということなので、おそらくDTMに向いていると思います。

 

また、DTMは短時間で習得するのはほぼ無理なので、続けることとが大事。

面白い作業ばかりではありませんが、地味な作業でも楽しんで続けられる人はDTMに向いていると言えます。

 

 

DTMに最低限必要なもの

パソコンorスマートフォン

まずはパソコンかスマートフォンを用意しましょう。

とはいえ、このページに来ているということはどちらかを持っているということなので、新しく用意する必要はありませんね。

昔はDTMというと、パソコンがなければできなかったのですが、最近ではスマホアプリでもDTMが楽しめるようになってきました。

もちろん、今でもパソコンを使ったほうがハイクオリティな曲が作れるのですが、手軽に始めたいのならスマートフォンアプリでも楽しめますよ。

 

DAW

冒頭でも説明しましたがDTMではDAWというソフトを使って作業していきます。

DAWでは音を録音したり、楽器ソフトを演奏したりと、DTMには欠かせない存在です。

有名なところだと、スマートフォンアプリにもなっているGarageBandは使っている人も多いんじゃないでしょうか。

そのほかにもCubaseやPro ToolsといったDAWもよく使われています。

 

価格はソフトによって違い、無料のものもありますし、5万円以上するものもあります。

どれがいいのかは人によって合う合わないがありますので、有料DAWを買うときはまずはデモバージョンなどを使ってみるのがオススメです。

 

オーディオインターフェイス

オーディオインターフェイスというのはパソコンやスマートフォンと接続し「音の出入り口」になる機材。

パソコンならマイク端子やヘッドホン端子が搭載されているものも多いですが、音楽制作用に作られたものではないので、音は遅延しますし音質はあまりよくありません。

ギターやベース、ボーカルなどを録音する人はもちろん必要ですが、打ち込み中心での曲作りを考えている人も1台は持っておいたほうがいいでしょう。

価格はかなり幅があり安いものだと5000円ほど、高いものだと20万円以上するものもあります。

自分にあった機能や音質が得られるものを選んでみましょう。

 

モニターヘッドホン

DTMをするならモニターヘッドホンをひとつは持っておきましょう。

普通のイヤホンやヘッドホンに比べ、モニターヘッドホンは余計な味付けがなく、解像度も高いので、音楽制作には必須です。

「モニタースピーカー」という音楽制作用のスピーカーもあるんですが、しっかりと部屋の反響音をカットしないと正しい音では再生できなくなってしまいます。

住宅環境的に大きな音が出せない人もいるでしょうし、まずはヘッドホンから買うのがオススメです。

 

初心者が最初にやるべきこと

さて、機材が揃ったら何をやってもいいんですが、何をやればわかないという人もいるでしょう。

そういう人におすすめなのが「既存の曲をコピーする」ということ。

ギターやピアノ初心者は初めて練習するときは、練習曲などをマネして上手くなっていきますよね。

それと同じようにDTMでも既にある曲を自分の耳でマネしていくと徐々に上手くなっていきます。

耳コピが難しい人は、楽譜を買ってきてそれ通りに演奏・打ち込みをするだけでも効果があるので、ぜひやってみてくださいね。

 


おわりに

「DTMとは」という簡単なことから、必要な機材までざっと説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

DTMはとても楽しいので、ハマると一生の趣味にもなります。

もちろん簡単なことばかりではないので、壁にぶつかるときもありますが、楽しみながら一つ一つの課題をクリアしていきましょう。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

DTMカテゴリの最新記事