【DTM】フリーのVSTシンセサイザーおすすめ15選!

  • 最終更新日:2019.08.14
  •  
  • DTM
【DTM】フリーのVSTシンセサイザーおすすめ15選!

DTMを始めるとDAWやらオーディオインターフェイスやらでお金がかかるので、プラグインに回すお金まで用意できないという人も多いんじゃないでしょうか。

そんな人におすすめなのが無料のプラグイン。

最近では無料でもハイクオリティなものがたくさん配布されています。

その中でも今回はシンセサイザーに絞っておすすめなものを紹介しましょう!

 

Synth1

Synth1は国産フリーシンセの大定番!

初めてのDTMをこのシンセでやったという人も多いはず。

シンセに必要な機能は一通り備わっていて、シンセという楽器そのものの勉強にもなります。

 

ダウンロードはこちら

 


Audjoo|Helix

フリーでダウンロード出来るのはHelixのトライアルバージョンですが、結構使えます。

ハイファイよりのサウンドで音質がいいですし、現代的な曲にもよく合いそうです。

負荷が低いのもメリットでしょう。

 

ダウンロードはこちら

 

Dexed|FM Plugin Synth

YAMAHAのDX7というFMシンセを完璧にシミュレートしたというフリーシンセ。

確かに聴いてみると「例のあの音」がしっかりします。

UIもカッコイイので使っているとテンションが上がりますよ。

 

ダウンロードはこちら

 

Synister|Synister

セミモジュラータイプのソフトシンセ。

フリーでありながら、有料製品と遜色のない音と機能性が特徴です。

かわいらしいUIもいいですよね。

 

ダウンロードはこちら

 

Brain Control|TuneFish 4 Synth

ウェーブテーブル/加算合成式のシンセサイザー。

フィルターの種類も豊富でエフェクトも7種類とフリーにしてはかなり多め。

CPU負荷も低めなのでオススメです。

 

ダウンロードはこちら

 

Tytel|Helm Synth

減算合成方式のシンセ。

フラットなUIが現代的でかっこいいです。

アルペジエイターやステップシーケンサーも搭載されていて、かなり使い勝手が良いフリーシンセだと思います。

 

ダウンロードはこちら

 

Steinberg|Model E

DTMではかなり有名なメーカーSteinbergのフリーシンセ。

以前は有償プラグインでしたがディスコン状態を経て無償公開しております。

シンセの基本的な機能は抑えていますし、かなり軽いので使いやすいはずです。

 

ダウンロードはこちら

 

U-He|Triple Cheese Synth

「DIVA」などで有名なディベロッパー、U-Heの原点とも言えるフリーシンセ。

コムフィルターが備わっていて不思議な音がします。怪しげなパッドサウンドなどが得意そう。

UIもタイトルのようにチーズの絵になっていてかわいいですね。

 

ダウンロードはこちら

 

U-He|Tyrell N6

こちらもU-Heが無料で配布しているシンセサイザー。

アナログ的な音が特徴で、太めな音が好きな人におすすめです。

UIもかっこいいですよね。

 

ダウンロードはこちら

Ohm Force|SymptOhm PE

有料のシンセSymptohmの下位バージョンで、PEは「Performance Edition」の略。

つまりリアルタイムのパフォーマンス性に優れたシンセということですね。

プリセットも豊富なので音作りが苦手な人も使いやすいでしょう。

 

ダウンロードはこちら

 

Muon|Tau Bassline

ベースシンセとして有名なTB-303をシミュレートしたフリーシンセ。

いわゆる「アシッドベース」サウンドが手に入ります。

ダウンロードリンクから行って10th Anniversaryのものが無料です。

 

ダウンロードはこちら

 

TAL|BassLine

TALのプラグインはドネーション方式なので無料でも使うことができます。

ベースシンセとしておすすめなのがこちら、Bass Line。

アナログっぽい太い音が特徴で、アシッドベース的なサウンドも得意なシンセです。

 

ダウンロードはこちら

 

TAL|Elek7ro

アナログシンセらしい音が欲しい人におすすめなのがこちら。

FM変調もできて、音質もいいのでとても使いやすいですよ。

音が太いのでベースシンセとしてもおすすめです。

 

ダウンロードはこちら

 

Plogue|Sforzando TableWarp2

sforzandoという無料で使えるプラグインバンドルの一部。

アナログシンセらしい音が出せて、プリセットも豊富です。

ベースシンセとしても優秀。

 

ダウンロードはこちら

 

NUSofting|Sinnah

フィルターの代わりに3基のディレイを搭載したことで、不思議な音を作り出せるシンセサイザーです。

ノイズ系の音色に強く、インダストリアルなサウンドも得意としています。

プリセットも良くできているので、プリセットに少し手を加えるだけでも十分かと思います。

 

ダウンロードはこちら

 

LinPlug|Free Alpha 3

Alphaというシンセのフリーバージョン。

RolandのαJuno-1というシンセサイザーにインスパイアされて開発されています。

フリーバージョンではありますが、基本的な機能は使えますし、音も問題ありません。

 

ダウンロードはこちら

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

有料のシンセもいいですが、無料でもハイクオリティなものがたくさんありましたね。

皆さんの音楽ライフにお役立てください。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

DTMカテゴリの最新記事