カラオケの採点で高得点を取るコツ!実力以上の点数を取るために重要なこと

カラオケの採点で高得点を取るコツ!実力以上の点数を取るために重要なこと

今回はカラオケで採点をする時に、「スゴイ!」と思われるような点数を出す方法をご紹介したいと思います!

カラオケで採点基準になるものは主に

  • ピッチ(音程)
  • リズム
  • スキル

です。

このピッチやリズムについては練習しなければどうにも難しいことなのでこれは最低限できていれば良しとします。

今回は自分の実力以上の点数を出せるようになるための裏技の紹介です!

 

強弱をつける

歌に抑揚をつけましょう。

一番良いのはより本家のアーティストのモノマネっぽく歌ってみることです。

とは言え、それが結構難しい曲も多いと思います。

そういう曲を選ぶ時は、

  • 盛り上がるサビで声を大きくする
  • 落ち着いたCメロでは声を小さくしてみる

この2つを意識して歌ってみるだけでも採点する機械はそれを抑揚と捉えてくれるので、点数が上がりますよ。

 


ロングトーン

アップテンポでメロディが細かく動く曲だと参考になりませんが、バラードなどのロングトーンが多い曲ではロングトーンを普段よりとことん長めに伸ばしてみてください。

特に最後の音は採点基準に含まれやすいのでロングトーンをすることをオススメします。

ただ伸ばすだけでなく、出来る人は安定感も出すと良いでしょう。

精密採点などで出てくる項目の一つに「安定感」というのもあります。

この「安定感」は、ロングトーンが綺麗に同じ音、同じ音量で伸びているとそれを機械が安定感だと認識してくれます。

 

ビブラート

これはロングトーンと合わせるとより効果を発揮します。

「そんなビブラートなんてできないよ!」って人も安心して下さい。

少し声を震えさせるだけでも採点機械がビブラートだと認識してくれます。

音を伸ばしながら顎を「あうあう」と言うように動かすだけでも声が震えます。

音を上下に細かく動かすだけでビブラートに聞こえるので、この「なんちゃってビブラート」を使って高得点を狙ってみてください!

 

歌い出しのリズムと音程を合わせる

歌い出しは やはりとても重要です。

最初の音のピッチとタイミングが合っていれば、その後の音程が多少ズレても機械がその音程を「合っている」と、良いように一小節ほど勘違いしてくれるので実力以上の高得点が期待できます。

しかし昨今では、カラオケの機械の採点機能も格段に上がってきているので、これが一概には言えなくなってきています。

 

ガイドメロディが指定している通りの音程で歌う

本家アーティストのCD音源と、カラオケのガイドメロディが指定している音程やメロディは必ずしも同じではありません。

この場合に採点基準となるのは、ガイドメロディの音程と同じかどうかなので、よくカラオケで歌う曲であれば、少しだけ予習しておくと点数が高くなります。

最近では採点機械が指定している音程と、自分が歌っている時の音程とが、画面の上に出てくる機種もあるので、そちらを参考にするのもオススメです。

 

ラップのない曲を選ぶ

カラオケの採点機能はラップのパートも音程を指定しています。

採点機能の示している音程でラップをするととても単調に聴こえてしまうので「歌上手い!」という印象は周りに与えられません。

それに何より、本家アーティストのCD音源通りに真似して歌うとラップで音程は取れません!笑

採点機能の難点で、このラップの音程も採点基準になるのでラップパートは音を外しまくってると機械が認識するので、ラップの多い曲はどれだれ上手く歌っても点数があまり伸びません。

 

「ミュージック」の音量を下げる

声量が大きくない人は特に「ミュージック」の音量を下げで「マイク」の音量を上げると良いです。

なぜかというと、自分の声が聞こえにくいと音程も勿論取りにくいからです。

音程が安定していないと、採点基準の大部分を占めるピッチの項目で大きなマイナスになってしまいます。

自分の声がよく聴こえるので少し恥ずかしい人もいると思いますが、高得点を狙うにはもってこいの方法です。

 

「エコー」をかける

エコーをかけないと、歌が演奏から浮いて聴こえてしまいます。

演奏から浮いて聴こえるというのは、BGMを後ろで流しながらマイクで喋っているかのような感覚です。

エコーをかけても、かけなくても、直接的に採点には関係ありませんが、浮いて聴こえる感覚がなくなるので聴いている方も違和感なく聴きこめますし、何より歌っている方も気持ちがいいのでノリやすいです。

おすすめのエコーはアップテンポの曲だと「15〜」、バラードなどのしっとりした曲だと「〜25」くらいが個人的にはちょうどいいです。

個人の好みではありますが、逆にエコーをかけすぎてしまうと返しがボヤけて、自分の声が遅れて聴こえてしまいます。

そうすることで音程も分かりづらく、取りづらくなってしまうので「25」以上は少しかけすぎな気がします。

 

機種はJOYSOUNDを選ぶ

理由は簡単、DAMよりもJOYSOUNDの方が採点が甘いからです。

カラオケの機種といえばDAMかJOYSOUNDですよね。

DAMは本人映像やライブ映像の多さは素晴らしいですが、採点が厳しく、その分高得点を取りづらいです。

一概にどちらの機種が良いとは判断しづらいですが、カラオケ採点で高得点をとるという点で言えばJOYSOUNDを選ぶのがオススメです。

 


まとめ

いかがでしょうか?

今後のカラオケで使えそうなテクニックはありましたか?

是非次から参考にしてみて下さい!

皆さんがハードルを越えられますように。

雑記カテゴリの最新記事