ドイツの一流ドラマー、Benny Grebについて

ドイツの一流ドラマー、Benny Grebについて

 

どうも、ドラマーのまっちゃんです。

皆さんは「ミュージシャンズミュージシャン」という言葉をご存知ですか?

この言葉は、ミュージシャンの中でもとりわけ、同業者に尊敬されるような人を指す言葉らしいです。

 

実は、ドラマーにも沢山の「ミュージシャンズミュージシャン」がいます。

今回はそんな中でもとりわけ、私が好きなドイツ出身のドラマー、Benny Greb氏についてご紹介したいと思います。

 

プロフィール

名前 Benny Greb(ベニー・グレブ)

生年月日 1980年6月13日

ジャンル NewWave ジャズ ロック など

生まれ ドイツ、Augsburg(アウクスブルク)

その他 Udo Dahmenに師事


略歴

彼は6歳の時にドラムを始めました。

両親は楽器に関して堪能ではありませんでしたが、音楽好きであったため、彼はよくコンサートに連れて行かれていました。

お父さんも音楽好きで、James Taylor, Queen, the Beatlesなどの音楽をよく聴いていたそうです。そして彼の兄もまたキーボーディストであったため、家族からは少なからず音楽の影響を受けていました。

また、幼い頃からピアノやトランペットのレッスンを受けていましたが、一番興味があったのがドラムであったことから、12歳からドラムのレッスンを受けるようになりました。

そして1997年、彼が17歳のときにDinkelsbühlにある音楽学校に入学し、彼はより本格的にドラムを学び始めることになります。

2009年に自身初となるDVD、「The Language of Drumming」をリリースし、2015年には「The Art And Science Of Groove」というDVDをリリースしています。

どんなドラミング?

彼はタイトで正確、かつ芸術的なドラムを叩きます。さすが芸術の都・ドイツが生んだ凄腕ドラマー!といった感じです。

小気味いいグルーブがとても心地よく、繰り返して聴きたくなる…そんなビート。

ちなみに、ベニーのおちゃめなキャラクターも素敵なのでぜひぜひ色んな動画を観てみてください。

私はベニーの楽しい雰囲気がとっても好きです。(イケメンなフェイスも好きだっていうのは秘密)

 

 

ドラムクリニックの動画では、「ドラムソロはただ色々ぶっこめばいいってもんじゃない。1つのフレーズを反復させて何度も登場させるんだ。それだけで音楽的なドラムソロが作れるぞ。」と語っていたのが印象的でした。

機材

ドラムセット

SONOR製品を使用されています。

Sonor SQ2 Vintage Beech in “White Pearl”

22″ x 18″ Bass Drum

10″ x 8″ Tom

14″ x 14″ Floor Tom

16″ x 16″ Floor Tom

13″ x 5.75″ Signature Snare (Beech)[

 

Wikipediaより引用

ドラムヘッド

REMO製品

シンバル

MEINLのシンバルを使用されてます。

 

8" Classics Bell High (used as Xhat bottom)

8" Byzance Dark Splash (used as Xhat top)

14” GenerationX Trash Hat China (hihat bottom)

14” Byzance Sand hat (bottom used on top of the China)

14” Byzance Sand hat (top)

14” Generation X Trash Hat China (used underneath the crash)

18” Byzance Sand Thin Crash (on top of the China)

8" Classics Bell High (used as Xhat bottom)

8" Generation X Electro Stack (used as Xhat top)

20” Byzance Sand Ride

18” Byzance Trash Crash (two pcs used as Xhat)

22” Byzance Sand Crash Ride

Wikipediaより引用

 

ペダル

SONOR Giant Step

スティック

VIC FIRTH Benny Greb Signiture Sticks

その他

MEINL percussion


おわりに

以上Benny Grebさんまとめでした!

CDも多数リリースされていますよ。ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

次回ベニーが来日する日がすごく楽しみです!

ではまたお会いしましょうー!

音楽レビューカテゴリの最新記事