【2021】高校生に人気の曲50選!流行りのアーティスト・歌手まとめ

【2021】高校生に人気の曲50選!流行りのアーティスト・歌手まとめ

音楽好きな高校生の間で、人気なバンドやアーティストを曲付きで紹介します!

今、高校生にどんな曲が人気なのか知りたい人や、学校で友達とおしゃべりするときの話題を探している学生の皆さんはぜひチェックしてみてください。

YouTubeの動画を貼っているので、気になるバンドやアーティストがいたらすぐに視聴できますよ!

優里

最近ではTikTokでバズった曲がブームになることがとても多いですよね。

優里さんもTikTokでバズったことがきっかけとなり、人気が急上昇。

彼の代表曲である『ドライフラワー』は、『かくれんぼ』という楽曲のアフターストーリーとして作られています。

今最も熱いアーティストの一人なので、ぜひ押さえておきましょう。

 

BTS(防弾少年団)

BTSは韓国発の男性アイドルグループで、世界中でブームになっています。

彼らはアジア圏として初の全米ビルボード・チャート1位を獲得し、日本でも若者を中心に大人気。

2021年4月にYouTube上で公開された『Film out』という楽曲のMVも、瞬く間に1000万再生を突破しました。

若者たちの間では韓国のファッションやコスメ、食べ物、音楽といったさまざまなカルチャーが人気なのでBTSは要チェックです!

 

Awesome City Club

Awesome City Clubはオシャレな雰囲気が人気の男女ツインボーカルバンド。

ソウルやR&Bといったブラックミュージックの要素をロックやポップスに融合させた音楽性が支持されています。

こちら『勿忘(わすれな)』は、菅田将暉さんと有村架純さんが初のダブル主演を務める映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソングとしてリリースされ、話題になっています。

 

YOASOBI

「小説を音楽にするユニット」というキャッチコピーのもと、独創的な音楽を発表し注目を集めているYOASOBI。

上の『夜に駆ける』という曲は、ソニーミュージックが運営する「monogatary.com」というサイトに投稿された『タナトスの誘惑』(星野舞夜 著)という小説を原作として作曲されています。

また、『怪物』や『群青』といった楽曲もかなり人気です。

映像にも相当なこだわりを感じるので、ぜひミュージックビデオもじっくり味わってください。

ちなみに、YOASOBIの楽曲の元になった小説を集めた書籍もありますので、ファンの方は要チェックです!

 

NiziU

NiziUは、ソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所JYPエンターテイメントの共同オーディション企画「Nizi Project」によって選考されたガールズグループ。

メンバーを決めるためのオーディションやトレーニングの模様が、インターネットやテレビ番組で配信・放送されたことで、デビュー前からかなりの注目を集めました。

彼女たちの代表曲である『Make you happy』は、YouTube上でなんと2億回再生を突破。

YouTubeなどのコメントを観ていると日本だけでなく、海外にもファンがたくさんいるのがわかりますね。

今後の世界を股にかけた活躍に期待です!

 

Ado

Adoさんは2002年生まれのシンガーです。

2020年にメジャーデビューを果たした彼女のデビュー曲『うっせぇわ』は、不満を代弁する歌詞が若い世代の共感を呼んでいます。

また、2021年にリリースされた『ギラギラ』という楽曲も大人気です。

彼女の人気が急上昇するきっかけとなった、ボカロP「くじら」さんの楽曲『金木犀 feat. Ado』も素晴らしいので、こちらもぜひチェックしてみてください。

BLOOM VASE

最近では『高校生RAP選手権』や『フリースタイルダンジョン』などの影響で、HipHopが好きな高校生が増えています。

BLOOM VASEは3MCのヒップホップクルーで、TikTokで『Bluma to Lunch』という楽曲がバズったことをきっかけに人気になりました。

現代的な洋楽HipHopの要素を取り入れたチルいサウンドが支持されています。

また、2020年6月にリリースされた『CHILDAYS』という楽曲も大ヒットしているのでチェックしてみてください。

 

宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんの『One Last Kiss』は2021年に公開された映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の主題歌として書き下ろされた楽曲です。

「エヴァンゲリオン」シリーズは最初のテレビアニメ版が1995年放映なのですが、NetflixやAmazon Primeなどでエヴァンゲリオンを観てファンになった10代の若者も多く、現在でも幅広い世代に愛されています。

YouTubeで公開された『One Last Kiss』のミュージックビデオは再生回数2000万回を突破し、映画とともに大ヒット中です。

 

Eve

Eveさんは2009年からニコニコ動画で歌い手として活動を開始し、、2019年にはシンガーソングライターとしてメジャーデビューを果たしました。

歌だけでなく作詞作曲での才能も発揮し、様々な楽曲で若者たちの心を掴んで人気になっています。

2020年には話題のアニメ『呪術廻戦』のオープニングテーマ曲『廻廻奇譚(かいかいきたん)』を担当し、話題になりました。

 

あいみょん

あいみょんさんは女性シンガーソングライターとして、高校生にトップクラスの人気を誇っています。

彼女ならではの視点で描かれる歌詞の世界観や、少し懐かしい雰囲気のメロディが魅力的です。

上の『桜が降る夜は』は、ABEMAの恋愛リアリティショー『恋とオオカミには騙されない』の主題歌に起用され、若い世代に大ヒット。

また、彼女の代表曲である『マリーゴールド』はカラオケなどでも定番になっているので、ぜひ覚えて歌ってみてください。

 

Novelbright

Novelbrightはさわやかなロックサウンドが魅力的なバンドとして注目されています。

2020年にはメジャーデビューを果たし、『あなたを求めただけなのに』という楽曲がテレビ東京系ドラマ「共演NG」の主題歌にも起用され、ますます人気が急上昇。

2020年末にリリースされた上の『ツキミソウ』という楽曲は、恋愛をテーマにした歌詞が共感を呼び、若い世代を中心に人気になっています。

 

LiSA

LiSAさんはアニソン系のシンガーとして活動している、力強い歌声が魅力の女性シンガーです。

2020年に公開された映画『鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌である『』が大ヒットしています。

また、彼女は『紅蓮華』という楽曲も大人気です。

『紅蓮華』もテレビアニメ版の『鬼滅の刃』のオープニングテーマに起用されており、この曲で2019年末の紅白歌合戦にも出演しているので、聴いたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

 

平井大

平井大さんはサーフミュージックをベースにした音楽性で人気になったシンガーソングライター。

2020年には2週間に1度のペースでリリースする企画をスタートさせ、第8弾としてリリースされた『Stand by me, Stand by you.』は、SNSをきっかけに大人気になりました。

音楽はもちろんのこと、独特なファッションでもファンを魅了しています。

 

Vaundy

Vaundyさんは2019年ごろからネット上で話題になり始めたシンガーソングライター。

多様なジャンル感を織り交ぜながら、オシャレな独自の世界観に染めていくスタイルで人気になりました。

最近ではドラマの主題歌やCMソングなども担当し、ますます注目を集めています。

 

DISH//

DISH//は、演奏しながら踊る「ダンスロックバンド」として活動をしている、アーティスト集団。

代表曲『』はあいみょんさんが提供した楽曲で、THE FIRST TAKEをきっかけにブームになりました。

この曲は「歌ってみた」でも人気になり、香取慎吾さんやAAAの宇野実彩子さんも歌ってみた動画を投稿しています。

 

川崎鷹也

川崎鷹也さんは栃木県出身のシンガーソングライター。

2020年、音楽の流行の発信地となっているTikTokで彼の楽曲『魔法の絨毯』がバズり、配信のチャートでも上位を獲得しました。

独特な歌声とメロディアスな楽曲がとても耳に心地いいですよね。

 

菅田将暉

俳優やモデルとしても活躍する菅田将暉さんは、歌手活動も精力的に行っています。

auのCM、「三太郎」シリーズでは「鬼ちゃん」を演じていることでもお馴染みですよね。

歌唱力も非常に高く、今までに米津玄師さんやあいみょんさんとコラボしていることでも有名です。

そんな彼の楽曲『』は映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌に起用され、幅広い世代でヒットしています。

また、日本テレビとHuluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』の主題歌に起用された『星を仰ぐ』も大ヒット中です。

yama

yamaさんは2018年ごろからネット上にカバー曲などを公開し、いわゆる「歌い手」として活動をしていたシンガーのひとり。

そんな彼女のオリジナル曲として公開された『春を告げる』は、TikTokなどを中心にじわじわと拡散されて人気になっていきました。

おしゃれでありながら、どこか懐かしさを感じるような曲調が支持されています。

 

Official髭男dism

Official髭男dismは次世代のポップロックバンドとして人気になっています。

バンド名からイメージすると髭が生えた男臭いバンドのように思えてしまいますが、実はメンバーの誰一人髭が生えていません。

バンド名は「髭が生えるような年齢でもワクワクするような音楽を続けていきたい」という思いが込められているんだとか。

ポップでキャッチーな楽曲、そして共感できる歌詞と、人気になる要素が全部詰まったバンドですね。

代表曲『Pretender』や、下の動画の『I LOVE…』はカラオケでも定番になっているので、ぜひ覚えて歌ってみてください。

 

ヨルシカ

ヨルシカは、ボカロPとしても知られるn-buna(ナブナ)さんが、シンガーのsuis(スイ)さんを迎え入れて結成した音楽ユニットです。

アニメを効果的に使ったミュージックビデオや、エモーショナルなサウンドなどが評価されています。

独特な世界観の作品が多く、音楽でだけでなく映像にもぜひ注目してみてください。

 

King Gnu

さまざまな音楽ジャンルを消化し「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンド」を自称する、King Gnu(キング・ヌー)。

とにかくおしゃれで洗練された曲が多く、他人とはひと味違った音楽が好きな高校生の間で人気です。

代表曲『白日』が大ヒットしたことで、幅広い世代に人気になり、2019年には紅白歌合戦にも出場しています。

また、2020年にリリースされた『三文小説』も大ヒットしています。

 

和ぬか

和ぬかさんは2021年大注目の現役大学生シンガーソングライター。

こちら『寄り酔い』は、TikTokを始めとするSNSで徐々に人気になっている楽曲です。

ちょっと大人な恋愛をテーマにした歌詞が、高校生からも支持されています。

 

米津玄師

リリースするたびヒットを連発し、今では若者に大人気になった米津玄師さん。

高校生ならほとんどの人が知っているというレベルで有名です。

一般リスナーだけでなく、ミュージシャンからの評価も高く、Perfumeの音楽プロデュースなどを務める中田ヤスタカさんは彼のことを「10年に1人レベルの天才」と評価していました。

一斉を風靡した彼の代表曲『Lemon』はカラオケでも定番です。

 

マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつは2012年、神奈川で結成されたポップスロックバンド。

地道に活動を続け少しずつファンを獲得し、2020年にメジャーデビューを果たしました。

彼らが2020年にリリースした『恋人ごっこ』は恋愛をテーマにした楽曲で、歌詞に共感してしまうこと間違いなしです。

 

Rin音

Rin音さんは福岡を拠点に活動し、新世代のラッパーとして注目されています。

彼の代表曲『snow jam』はTikTokで人気になり、彼の名は広く知られるようになりました。

優しい声にマッチした、日常をエモーショナルに切り取るリリックにも注目です。

 

あらたよ

「あらたよ」は東京を中心に活動する4ピースバンド。

10月無口な君を忘れる』という楽曲がネット上で少しずつ人気を獲得していて、注目を集めています。

切ない恋愛をテーマにした歌詞に共感の声多数です!

 

TWICE

TWICEは女性の韓流アイドルグープの中でも高校生に特に人気で、男子だけでなく女子からも憧れられているようです。

TikTokやYouTubeには高校生が彼女たちのダンスを真似した動画がたくさんアップロードされています。

ちなみにメンバーのうち3人は日本人なんですよ!

 

ずっと真夜中でいいのに。

「ずっと真夜中でいいのに。」は、「ずとまよ」の愛称で高校生に人気の音楽グループ。

各所で天才の呼び声高く、音楽的にも洗練された新しい世代のアーティストです。

バンドメンバーの素顔や年齢など、謎な部分が多いのも魅力のひとつと言えるでしょう。

 

緑黄色社会

緑黄色社会は「リョクシャカ」という愛称で呼ばれる、4ピースポップロックバンド。

ノリが良くてポップな音楽性が支持されています。

2020年にリリースされた『Mela!』は、聴いていて元気がみなぎってくるようなサウンドが魅力です。

 

Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLEは男女5人組ロックバンド。

シンセサイザーを取り入れたポップでロックなサウンドが支持されています。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』のオープニング主題歌に起用された、彼らの楽曲『インフェルノ』は2019年のリリースですが、現在もロングヒット中。

彼らの楽曲はロングヒットしているものが多く、2018年にリリースされた『点描の唄』や『青と夏』といった楽曲も、根強い人気があります。

2020年には事務所独立と当面の間の活動休止を発表しましたが、これからの活動の準備期間ということなので、ますますの活躍が期待されますね。

 

Reol

Reolさんはニコニコ動画などの動画共有サイトに楽曲を投稿したことがきっかけで人気になった女性アーティストです。

彼女の楽曲『第六感』はボートレースのCMソングに起用され、その特徴的な声に耳を奪われる人が続出。

まさに「唯一無二」という言葉がぴったりな声なので、まだ聴いたことがない人はぜひチェックしてみてください。

 

もさを。

「もさを。」さんはネット上での活動を主軸としている男性シンガーソングライター。

2020年にTikTokへ弾き語り動画を投稿したことがきっかけで、若い世代を中心に人気になりました。

彼の代表曲『ぎゅっと。』は、温かいサウンドと彼の声がマッチしていて、歌詞も共感できると支持されています。

 

藤井 風

藤井風さんは新世代のアーティストとして大注目されているシンガーソングライター。

もともとはピアノ弾き語り動画をYouTubeに投稿していた彼ですが、2020年にオリジナル曲『何なんw』をリリースしたことをきっかけにアーティストとして幅広い人に知られることになりました。

技術に裏打ちされた表現力のある歌声や、洗練された音楽性が音楽マニアの若者にも支持されています。

 

Mom

Mom(マム)さんは、多彩な才能を発揮するシンガーソングライター/トラックメイカー。

彼の『あかるいみらい』という楽曲がAppleのCMソングとして起用されたことで話題になりました。

楽曲だけでなく、アートワークや映像にも発揮される彼のセンスぜひ注目してください。

 

オレンジスパイニクラブ

オレンジスパイニクラブは茨城県出身の4ピースロックバンド。

彼らの楽曲『キンモクセイ』がTikTokをはじめとしたSNSでバズったことで、一気に人気に火が付きました。

エモーショナルで少し懐かしい雰囲気のある音楽性が支持されています。

 

back number

back numberは群馬県出身のスリーピースバンドです。

共感できる歌詞やエモい曲調で、高校生に人気になりました。

バラードが多いバンドとして注目されることが多いですが、最近ではダンサブルな楽曲も増え、多彩な才能を感じさせます。

 

星野源

星野源さんは逃げ恥の「恋ダンス」をきっかけに大ブレイクし、高校生にも人気になった男性シンガーソングライターです。

温かいサウンドが特徴的で、イントロを聴いただけで「あ、これ星野源の曲だ!」となりますよ。

実はかなり音楽的に造詣の深い人で、たくさんの音楽的な挑戦もしています。

 

BAD HOP

「高校生RAP選手権」や「フリースタイルダンジョン」などの活躍で一躍にして邦楽ヒップホップ界でスターになったBAD HOP。

メンバーのほとんどが神奈川県川崎市で生まれ育った保育園からの幼馴染で、地元ではかなりの不良グループとして知られていたんだとか。

今では音楽で人気になり、武道館ライブも成功させたので、まさにヒップホップドリームを叶えていますよね。

 

瑛人

瑛人さんの『香水』は2019年4月にリリースされ、2020年4月ごろからTikTokを中心にバズりはじめました。

2020年5月には、Billboard JAPANのチャート「Streaming Songs」でインディーズアーティストとしては初の首位獲得。

2020年の年末に放送された紅白歌合戦への出場を果たし、ますます幅広い活躍が期待されています。

 

SEKAI NO OWARI

「セカオワ」の愛称で親しまれるSEKAI NO OWARI。

ファンタジックな世界観が特徴のグループで、音楽だけでなくライブのステージセットもファンタジックに演出し、ファンの心を掴んでいます。

2020年にはTBSテレビ系の火曜ドラマ『この恋あたためますか』の主題歌『silent』を担当し、話題になりました。

音楽レビューカテゴリの最新記事