【2021】高校生に人気の曲50選!流行りのアーティスト・歌手まとめ

【2021】高校生に人気の曲50選!流行りのアーティスト・歌手まとめ

音楽好きな高校生の間で、人気なバンドやアーティストを曲付きで紹介します!

今、高校生にどんな曲が人気なのか知りたい人や、学校で友達とおしゃべりするときの話題を探している学生の皆さんはぜひチェックしてみてください。

YouTubeの動画を貼っているので、気になるバンドやアーティストがいたらすぐに視聴できますよ!

優里

最近ではTikTokでバズった曲がブームになることがとても多いですよね。

優里さんもTikTokでバズったことがきっかけとなり、人気が急上昇。

人気アーティストが多数出演しているYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にも出演し、ますます人気が加速しています。

 

BTS(防弾少年団)

BTSは韓国発の男性アイドルグループで、世界中でブームになっています。

彼らはアジア圏として初の全米ビルボード・チャート1位を獲得し、日本でも若者を中心に大人気。

女子高生の間では韓国のファッションやメイク、食べ物、音楽といったさまざまなカルチャーが人気なのでBTSは要チェックです!

 

Ado

Adoさんは2002年生まれのシンガー。

ボカロPとして有名な「くじら」さんの楽曲『金木犀 feat. Ado』などにシンガーとして参加したことで人気が急上昇しました。

2020年にはメジャーデビューを果たし、デビュー曲『うっせぇわ』はSpotifyバイラルチャートで首位を獲得し、話題になっています。

 

LiSA

LiSAさんはアニソン系のシンガーとして活動している、力強い歌声が魅力の女性シンガーです。

2019年に大ヒットしたアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマに起用された『紅蓮華』はリリースされると大ヒットし、2019年末の紅白歌合戦にも出演。

2020年に公開された映画『鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌である『炎』も大ヒットしています。

 

YOASOBI

「小説を音楽にするユニット」というキャッチコピーのもと、独創的な音楽を発表し注目を集めているYOASOBI。

こちら『夜に駆ける』という曲は、ソニーミュージックが運営する「monogatary.com」というサイトに投稿された『タナトスの誘惑』(星野舞夜 著)という小説を原作として作曲されています。

映像にも相当なこだわりを感じるので、ぜひミュージックビデオをじっくりと観て欲しい作品です。

 

菅田将暉

俳優やモデルとしても活躍する菅田将暉さんは、歌手活動も精力的に行っています。

auのCM、「三太郎」シリーズでは「鬼ちゃん」を演じていることでもお馴染みですよね。

歌唱力も非常に高く、今までに米津玄師さんやあいみょんさんとコラボしていることでも有名です。

 

Eve

Eveさんは2009年からニコニコ動画で歌い手として活動を開始し、、2019年にはシンガーソングライターとしてメジャーデビューを果たしました。

歌だけでなく作詞作曲での才能も発揮し、様々な楽曲で若者たちの心を掴んで人気になっています。

2020年には話題のアニメ『呪術廻戦』のオープニングテーマ曲『廻廻奇譚』を担当し、話題になりました。

 

DISH//

DISH//は、演奏しながら踊る「ダンスロックバンド」として活動をしている、アーティスト集団。

代表曲『猫』はあいみょんさんが提供した楽曲で、THE FIRST TAKEをきっかけにブームになりました。

この曲は「歌ってみた」でも人気になり、香取慎吾さんやAAAの宇野実彩子さんも歌ってみた動画を投稿しています。

 

NiziU

NiziUは、ソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所JYPエンターテイメントの共同オーディション企画「Nizi Project」によって選考されたガールズグループ。

メンバーを決めるためのオーディションやトレーニングの模様が、インターネットやテレビ番組で配信・放送されたことで、デビュー前からかなりの注目を集めました。

YouTubeでミュージックビデオが公開されると、なんと投稿1日で再生回数1000万回を突破。

今後の世界を股にかけた活躍に期待です!

 

平井大

平井大さんはサーフミュージックをベースにした音楽性で人気になったシンガーソングライター。

2020年には2週間に1度のペースでリリースする企画をスタートさせ、第8弾としてリリースされた『Stand by me, Stand by you.』は、SNSをきっかけに大人気になりました。

音楽はもちろんのこと、独特なファッションでもファンを魅了しています。

 

あいみょん

あいみょんさんは女性シンガーソングライターとして、高校生にトップクラスの人気を誇っています。

彼女ならではの視点で描かれる歌詞の世界観や、少し懐かしい雰囲気のメロディが魅力的です。

最近ではテレビCMなどに出演することも多く、ますますの活躍が期待されています。

 

Vaundy

Vaundyさんは2019年ごろからネット上で話題になり始めたシンガーソングライター。

多様なジャンル感を織り交ぜながら、オシャレな独自の世界観に染めていくスタイルで人気になりました。

最近ではドラマの主題歌やCMソングなども担当し、ますます注目を集めています。

 

川崎鷹也

川崎鷹也さんは栃木県出身のシンガーソングライター。

2020年、音楽の流行の発信地となっているTikTokで彼の楽曲『魔法の絨毯』がバズり、配信のチャートでも上位を獲得しました。

独特な歌声とメロディアスな楽曲がとても耳に心地いいですよね。

 

Official髭男dism

Official髭男dismは次世代のポップロックバンドとして人気になっています。

バンド名からイメージすると髭が生えた男臭いバンドのように思えてしまいますが、実はメンバーの誰一人髭が生えていません。

バンド名は「髭が生えるような年齢でもワクワクするような音楽を続けていきたい」という思いが込められているんだとか。

ポップでキャッチーな楽曲、そして共感できる歌詞と、人気になる要素が全部詰まったバンドですね。

 

yama

yamaさんは2018年ごろからネット上にカバー曲などを公開し、いわゆる「歌い手」として活動をしていたシンガーのひとり。

そんな彼女のオリジナル曲として公開された『春を告げる』は、TikTokなどを中心にじわじわと拡散されて人気になっていきました。

おしゃれでありながら、どこか懐かしさを感じるような曲調が支持されています。

 

米津玄師

リリースするたびヒットを連発し、今では若者に大人気になった米津玄師さん。

高校生ならほとんどの人が知っているというレベルで有名です。

一般リスナーだけでなく、ミュージシャンからの評価も高く、Perfumeの音楽プロデュースなどを務める中田ヤスタカさんは彼のことを「10年に1人レベルの天才」と評価していました。

 

King Gnu

さまざまな音楽ジャンルを消化し「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンド」を自称する、King Gnu(キング・ヌー)。

とにかくおしゃれで洗練された曲が多く、他人とはひと味違った音楽が好きな高校生の間で話題になっています。

2019年末には紅白歌合戦にも出場。

ますます人気が加速しているので、まだ知らないという人はいまのうちに曲を聴いておきましょう。

 

Rin音

Rin音さんは福岡を拠点に活動し、新世代のラッパーとして注目されています。

彼の代表曲『snow jam』はTikTokで人気になり、彼の名は広く知られるようになりました。

優しい声にマッチした、日常をエモーショナルに切り取るリリックにも注目です。

 

ずっと真夜中でいいのに。

「ずっと真夜中でいいのに。」は、「ずとまよ」の愛称で高校生に人気の音楽グループ。

各所で天才の呼び声高く、音楽的にも洗練された次世代のアーティストです。

バンドメンバーの素顔や年齢など、謎な部分が多いのも魅力のひとつと言えるでしょう。

 

ヨルシカ

ヨルシカは、ボカロPとしても知られるn-buna(ナブナ)さんが、シンガーのsuis(スイ)さんを迎え入れて結成した音楽ユニットです。

アニメを効果的に使ったミュージックビデオや、エモーショナルなサウンドなどが評価されています。

独特な世界観の作品が多く、音楽でだけでなく映像にもぜひ注目してみてください。

 

Novelbright

Novelbrightはさわやかなロックサウンドが魅力的なバンドとして注目されています。

2020年にはメジャーデビューを果たし、『あなたを求めただけなのに』という楽曲がテレビ東京系ドラマ「共演NG」の主題歌にも起用され、ますます人気が急上昇。

2020年末にリリースされたこの『ツキミソウ』は、恋愛をテーマにした歌詞が共感を呼び、若い世代を中心に人気になっています。

 

TWICE

TWICEは女性の韓流アイドルグープの中でも高校生に特に人気で、男子だけでなく女子からも憧れられているようです。

TikTokやYouTubeには高校生が彼女たちのダンスを真似した動画がたくさんアップロードされています。

ちなみにメンバーのうち3人は日本人なんですよ!

 

瑛人

瑛人さんの『香水』は2019年4月にリリースされ、2020年4月ごろからTikTokを中心にバズりはじめました。

2020年5月には、Billboard JAPANのチャート「Streaming Songs」でインディーズアーティストとしては初の首位獲得。

2020年の年末に放送される紅白歌合戦への出場も決定し、ますます今後の活躍が期待されています。

 

SEKAI NO OWARI

「セカオワ」の愛称で親しまれるSEKAI NO OWARI。

ファンタジックな世界観が特徴のグループで、音楽だけでなくライブのステージセットもファンタジックに演出し、ファンの心を掴んでいます。

2020年にはTBSテレビ系の火曜ドラマ『この恋あたためますか』の主題歌『silent』を担当し、話題になりました。

 

マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつは2012年、神奈川で結成されたポップスロックバンド。

地道に活動を続け少しずつファンを獲得し、2020年にメジャーデビューを果たしました。

彼らが2020年にリリースした『恋人ごっこ』は恋愛をテーマにした楽曲で、歌詞に共感してしまうこと間違いなしです。

 

back number

back numberは群馬県出身のスリーピースバンドです。

共感できる歌詞やエモい曲調で、高校生に人気になりました。

バラードが多いバンドとして注目されることが多いですが、最近ではダンサブルな楽曲も増え、多彩な才能を感じさせます。

 

RADWIMPS

『前前前世』のヒットをきっかけに、再ブレイクを果たしたRADWIMPS。

もともと音楽好きの間で人気のバンドでしたが、ヒットしたことによりもっと多くの人に聞かれるようになりました。

新海誠監督の最新作「天気の子」でもタッグを組んでRADWIMPSが音楽を担当しています。

RADWIMPSは映画以外にもいい曲がたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。

 

バルーン / 須田景凪

ボカロPとして若い世代に大人気だったバルーンさんは、アーティスト「須田景凪」としても活動していて、高校生から人気があります。

エモーショナルで切ないサウンドがとても魅力的で、何度も聴きたくなってしまいますよね。

代表曲『シャルル』はカラオケでの人気も高いので、覚えて歌ってみてはいかがでしょうか。

 

BLACKPINK

K-POP出身の4人組女性アイドルグループとして世界中で大人気のBLACKPINK。

YouTube上でも英語のコメントが多く、欧米での人気もうかがい知れます。

ダンスもキレキレでかっこいいので、ミュージックビデオも要チェックです。

 

ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)は日本の高校生に限らず、今世界中で大人気になっているアメリカのシンガーです。

ダークな楽曲が非常に多く、独特の世界観は世界中から高く評価されています。

ビリー・アイリッシュ自身はなんと2001年生まれということで、かなり若くして世界を席巻しました。

SNSなどでの振る舞いも注目されています。

 

BAD HOP

「高校生RAP選手権」や「フリースタイルダンジョン」などの活躍で一躍にして邦楽ヒップホップ界でスターになったBAD HOP。

メンバーのほとんどが神奈川県川崎市で生まれ育った保育園からの幼馴染で、地元ではかなりの不良グループとして知られていたんだとか。

今では音楽で人気になり、武道館ライブも成功させたので、まさにヒップホップドリームを叶えていますよね。

 

sumika

sumikaは温かみのある音楽で人気になったポップロックバンドです。

聴いているだけで優しい気持ちになれるような曲や、ノリノリになれるロックソングなど、音楽性が幅広いことでも知られています。

つらいときや悲しいときに聴いて勇気づけられている人が多いようです。

 

Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLEはとにかくポップなサウンドが特徴のバンドです。

聴いているだけで楽しくなるような曲が多く、テンションが上がります。

最近では映画の主題歌なども担当し、ますます注目されています。

 

WANIMA

とにかく前向きでキャッチーなロックバンド、WANIMA。

auの「やってみよう」など、CMソングなどにもたくさん起用され、高校生だけでなく様々な年代に人気です。

曲がとてもキャッチーで良く耳にするので、バンドは知らなくても曲を知っている人は多いんじゃないでしょうか。

落ち込んだときにWANIMAのポジティブな歌詞に背中を押された、という人も多いです。

 

エド・シーラン

エド・シーラン(Ed Sheeran)は、今や世界を代表するシンガーとして世界中で愛されています。

日本の高校生からも人気が高く、代表曲「Shape of You」は洋楽好きな高校生から大人気です。

エド・シーランは洋楽初心者でも聴きやすい曲が豊富なので、英語が苦手な人もぜひチェックしてみてください。

 

ONE OK ROCK

ONE OK ROCKは日本を代表するロックバンドとして日本だけでなく世界でも活躍しています。

特にロック好きな高校生の中で人気のバンドで、文化祭などでもバンドで演奏されることが多いです。

ボーカルのTakaさんのハイトーンボイスに憧れてカラオケで練習する高校生もたくさんいるんだとか。

 

MAMAMOO

MAMAMOOは、次世代のK-POPを担っていくグループとして日本でも人気になっています。

ダンサブルな楽曲と、海外で流行っているラップの要素を取り入れたメロディがマッチしていて、海外でも人気急上昇中。

ダンスの切れ味も抜群なので、ぜひミュージックビデオで彼女たちのダンスもチェックしてみてください。

 

美波

新世代のシンガーソングライターとして、人気の美波。

女性ならではの歌詞や、歌声の美しさが注目されています。

ミュージックビデオはアニメーションなことが多いのですが、本人のSNSでは自撮りも投稿していて、実はかなりルックスもかわいいと話題です。

 

さなり

さなりさんは2002年生まれの新世代ラッパーとして注目されるようになりました。

海外の音楽からの影響を感じられるオシャレなサウンドにハマる高校生が続出し、今徐々に人気が高まってきています。

まだまだ若いアーティストなので今後どうなるのか注目です。

 

ヤバイTシャツ屋さん

おもしろ系ロックバンドの中でも高校生に特に人気なのが「ヤバT」ことヤバイTシャツ屋さんです。

本格的なロックサウンドに笑える歌詞が乗り、そのギャップにやられてしまう人が続出。

フェスなどにも引っ張りだこなバンドで、ライブも大盛り上がりなのでぜひ一度はライブを見てみてください。

 

神山羊

2018年にデビューした神山羊(かみやまよう)は、それまでは有機酸という名義でボカロPとして活動していました。

ボカロPとしてもかなり人気でしたが、シンガーソングライターとしてデビューしてからはますます勢いが加速しています。

この「YELLOW」という曲は、シンガーソングライターになってから初めて投稿された曲で、わずか3ヶ月半で1000万再生を突破しました。

 

三浦大知

圧倒的なダンスパフォーマンスで人気の男性シンガー。

バックダンサーと音楽無しでぴったりと振り付けをあわせていくパフォーマンスは世間では驚かれました。

音楽的にも海外の最先端のサウンドを取り入れ、今後は日本だけでなく海外での活躍も期待されます。

 

Aimer

謎多き女性シンガーソングライターとして高校生に人気なAimer(エメ)さん。

ワンオクのTakaさん、RADWIMPSの野田洋次郎さん、凛として時雨のTKさんなど、そうそうたるメンツからプロデュースを受けたことで大きな話題になりました。

歌唱力など実力も十分で、今後ますますの活躍が期待されます。

 

乃木坂46

AKB48の公式ライバルグループとしてデビューした乃木坂46。

今では圧倒的な勢いを誇るアイドルへと成長しました。

可愛らしいルックスのメンバーが多く、女子高生の憧れにもなっています。

 

櫻坂46

秋元康プロデュースのアイドルグループとして、乃木坂46と並ぶ人気なのが櫻坂46です。

乃木坂よりもあとにデビューした妹分のような存在ですが、今では負けず劣らず勢いがあるグループになっています。

以前は「欅坂46」という名前で活動していましたが、2020年からは現在の「櫻坂46」へと改名し、新たなスタートを切りました。

 

さユり

「酸欠少女さユり」というキャッチコピーで、日常生活の息苦しさを歌うシンガーソングライター。

儚くも力強い歌声は音楽業界でも評価され、RADWIMPSの野田洋次郎さんからのプロデュースも受けています。

まだまだ若手ですが、相当ポテンシャルが高いので、今後はもっと知名度を上げていくでしょう。

 

Nissy(西島隆弘)

Nissyは、J-POPのボーカルグループAAAのメンバーとしても知られる人気のアーティスト。

とにかくイケメンでかっこいいと女子高生の間で人気になっています。

もちろん音楽的にもクオリティが高いので要チェックです。

 

星野源

星野源さんは逃げ恥の「恋ダンス」をきっかけに大ブレイクし、高校生にも人気になった男性シンガーソングライターです。

温かいサウンドが特徴的で、イントロを聴いただけで「あ、これ星野源の曲だ!」となりますよ。

実はかなり音楽的に造詣の深い人で、たくさんの音楽的な挑戦もしています。

 

神様、僕は気づいてしまった

新世代の被り物ロックバンドとしてまたたく間にブレイクし、高校生にも人気になりました。

曲は洗練された邦楽ロックという感じで、邦楽ロック好きな人ならなんとなく耳馴染みがあるんじゃないでしょうか。

実はボーカルの中の人は、ニコニコ動画やYouTubeで人気の歌い手という噂もあります。

 

サカナクション

ボーカルの山口一郎を中心に活動しているロックバンド、サカナクション。

彼らの曲は大人からは懐かしさを感じさせるようなサウンドが多いですが、高校生からするとそれが逆に新しく感じて受けているようです。

『新宝島』のミュージックビデオはドリフターズのTV番組をオマージュしており、大人から見ても面白いと思いますよ。

 

BUMP OF CHICKEN

邦楽ロックの歴史を作ったと言っても過言ではないロックバンド、BUMP OF CHICKEN。

20代後半くらいの人にとっては青春時代に聴いていたバンドのひとつだと思いますが、最近の高校生にも人気なんですよ。

今ではMステなどにも出演したり、よりポップで親しみやすくなっています。

 

音楽レビューカテゴリの最新記事