女性ギタリスト「Jess Lewis」を観て惚れない男はいない

女性ギタリスト「Jess Lewis」を観て惚れない男はいない

YouTubeを徘徊し、ミュージシャンを発掘するのが趣味のサッキーです。

今回ご紹介するのはこの人、Jess Lewisさんです!

とりあえず聴いてみてください。

 

 

最高です。まず、音が良い。そしてギターに乗った、たわわな(ry

こんなものを見せつけられて惚れない男はいないでしょう。

 

プロフィールと略歴

プロフィール

名前:Jess Lewis(本名はJessica Lewis)

出身国:イギリス

生年月日:1994年生まれ

略歴

12歳のときにギターを始める。

2010年4月、Alex Hutchingsの “Feeling Fine”と “Happy as Larry”を録音してYouTubeにアップロードしたことで、注目される。

その後、Alex Hutchingsとの共演や、Guthrie Govanのカバーなどで更なる注目を集める。

現在はオリジナルアルバムの制作中。

 


素晴らしいトーン

 

うーん、甘美。

若い女の子が出す音とは思えない渋い音でしょ?

音も深く歪ませるというよりは、最低限の増幅として歪みを使っておりますね。

ジャズ、フュージョン系が得意だそうで、それらのジャンルのエッセンスを散りばめた演奏をしております。

しかも速弾きだけじゃなくて、基本のブルースをしっかり抑えていておじさんウケ抜群ですね笑

 

 

さっきのクランチトーンも最高ですが、クリーン中心の演奏も勿論最高。

恐らくフロントのPUはソープバータイプのP90だと思いますが、PUの持っている性能を最大限に引き出す音作り・演奏です。

 

 

最近はロック系が多め

そんなフュージョニストなJessちゃんですが、最近はがっつりロック系も弾いてます。

 

 

しかもなんちゃってじゃなくて、ちゃんとロックを理解して弾いてる感じがGoodです。

また、変態ギタリストとして名高いスティーヴ・ヴァイモデルのギターを使ったりと、最近はロック系にハマっているぽいですね。

 

元々はロック系が中心だったそうなので、原点回帰ってとこでしょうか。

使用機材

ギターはEternal Guitarsというメーカーから出ている自身のシグネイチャーモデルを主に使っていたようですが、最近ではIbanezとエンドース契約したらしいので、Ibanez製が中心です。

また、弦はD’addario(ダダリオ)と、アンプはLaney(レイニー)とエンドース契約を結んでいます。

 


おわりに

そんな彼女の音源ですが、Jam Track Centralというサイトの彼女のページから購入できます。

まだまだ若い彼女ですが、今後の成長に期待大ですね。

ではまた。

音楽レビューカテゴリの最新記事