【2019】おすすめ・定番のモニタースピーカー5選!選び方も解説【DTM】

【2019】おすすめ・定番のモニタースピーカー5選!選び方も解説【DTM】

皆さんはどんなスピーカーを使っていますか?

DTMを始めとしたさまざまな音楽制作の場面ではモニタースピーカーと呼ばれるものがよく使われています。

 

初心者の皆さんにとって、モニタースピーカーというのはなかなか馴染みがない言葉なので、何となくよくわかっていない人も多いんじゃないでしょうか。

今回の記事ではそんなモニタースピーカーとは何かという疑問、そしてオススメ・定番の機種をいくつか解説したいと思います。

それではいってみましょう!

 

モニタースピーカーとは?

モニタースピーカーというのは、スピーカーの中でも音楽制作などで音の確認(モニター)をする性能に特化させたスピーカーのことです。

一般のリスニング用スピーカーが音楽を心地よく聴くために調整されているのに対して、

モニタースピーカーは無駄な味付けをせず、とにかく正確に音を鳴らすように調整されています。

 

DTMなどでは音が正確に鳴らないと、意図したものとは違う音楽になっていまいます。

低音を強調したようなスピーカーで作業した場合、他のスピーカーで聴くと低音がスカスカの曲が出来上がる、なんてことはよくありますよね。

なので、DTMにはモニタースピーカーのような正確な再生環境が必要なんです。

 


モニタースピーカーの選び方

とはいえ、モニタースピーカーにもいろいろな種類があり、選ぶのに迷ってしまう人も多いはず。

ここではそんなモニタースピーカーの選び方について解説していきましょう。

 

価格

何かを買うときに一番最初に気になるのがその商品の値段ですよね。

最近のモニタースピーカーは1万円以下のものから、10万円超えプロが使うようなハイスペックのものまで幅広いラインナップがあります。

趣味としてDTMや動画編集をする人だと、スピーカー以外にもいろいろと機材を買わなくてはいけないので、なるべく安く抑えたい人が多いですよね。

そういうときには、Amazonなどで定番になっている、エントリーモデルのベストセラーを買うのをオススメします。

 

もちろん、将来的にプロを目指している人なら値段が高いものを買っておくといいと思います。

安いものだと不満がたまって後で高いものを買いなおすことになる人も多いので、最初からプロ用のものを検討してみましょう。

 

サイズ

カタログ上ではスペックが高いので大きなサイズのほうがいいと思われがちですが、モニタースピーカーの場合は部屋の大きさによって適切なサイズを選ぶ必要があります。

 

大きなスピーカーは大きな音を鳴らすことを前提として作られているので、小さい音量では本来の力を発揮できません。

もし寝室などの小さい部屋に設置する予定なら、小さいスピーカーのほうが小さい音量でも鳴らし切れるので、オススメです。

 

アンプ内蔵かどうか

モニタースピーカーは大きくわけて

  • アンプ内蔵のパワードタイプ(アクティブスピーカー)
  • アンプがついていないノンパワードタイプ(パッシブスピーカー)

の2種類があります。

 

パワードタイプはスピーカーの電源を入れればすぐに音が出せますが、

パッシブスピーカーの場合は、別途スピーカーにあったアンプを用意しなければなりません。

 

パッシブスピーカーによって最適なアンプは違うので、失敗したくない場合はパワードタイプの購入をオススメします。

 

低音の鳴り

最近の音楽は低音が重視されることが多いため、スピーカーの低音再生能力はとても大切になってきています。

特にDTMに使われるようなニアフィールドモニタースピーカーでは低音のレンジが狭い傾向にあるので、その中でも好みの低音が鳴る機種を選ぶことが大切です。

 

また、ダンスミュージックなど50Hz以下の帯域も重要になってくるジャンルを制作する人なら、低音再生に特化したスピーカーであるサブウーファーの導入も検討するべきでしょう。

 

DTMにおすすめのモニタースピーカー

選び方を解説したところで、定番・オススメのモニタースピーカーをいくつか紹介してみたいと思います。

どの機種も人気のものなので、気になったスピーカーがあったらぜひチェックしてみてください。

 

YAMAHA HS5

  • タイプ:アクティブスピーカー
  • サイズ(mm):170×285×222
  • 出力:Total 70W、LF 45W(4Ω)、HF 25W(8Ω)
  • 周波数特性:(-10dB)54Hz – 30kHz、(-3dB)74Hz – 24kHz

「YAMAHA HS5」はDTMをに大人気・ド定番のモニタースピーカーです。

低音45W+高音25Wのバイアンプ構成、ノイズ低減のための流体音制御技術など、さまざまな最新技術が駆使されています。

 

音も非常にフラットでモニタリングしやすいので、さまざまなプロも愛用しています。

さすが「テンモニ」を作ったYAMAHAといったところでしょうか。

 

MACKIE CR3

  • タイプ:アクティブスピーカー
  • サイズ(mm):224×156×185
  • 出力:50W
  • 周波数特性:(-10dB) 60Hz~20kHz、(-3dB) 70Hz~20kHz

コスパの高さで人気のメーカー「マッキー」。

そんなマッキーの中でもCRシリーズは低価格かつコンパクトでありながらも圧倒的な品質で、同価格帯の製品を大きく突き放しました。

CR3はシリーズの中でも最小モデルで、小さいデスクの上でも邪魔になりません。

そんな小さなボディからは想像もできないような、音質の良さが支持されています。

 

スピーカーの高さを調節する台や各種ケーブルなども付属し、箱を開けてすぐに使うことができます。

 

 

FOSTEX PM0.3

  • タイプ:アクティブスピーカー
  • サイズ(mm):100×185×130
  • 出力:15W+15W(RMS)
  • 周波数特性:110Hz〜40kHz

プロの技術を使いながらも、低価格を実現しているFOSTEXのエントリーラインナップがPMシリーズです。

DTMerの中でも人気が高く、筆者の身の回りにも持っている人がたくさんいます。

 

中でもこのPM0.3は手ごろな価格、コンパクトなサイズでありながらもハイレゾに対応していて人気です。

カラーも白と黒の2種類があり、インテリアとしても映えますね。

 

JBL LSR305

  • タイプ:アクティブスピーカー
  • サイズ(mm):187×298×242
  • 出力:41W(HF)+44W(LF)
  • 周波数特性:43Hz~24kHz

LSRというのは「Linear Spatial Reference」の略で、場所や部屋の形状を問わず正確なモニター性能を発揮するという設計のことです。

イメージコントロールウェーブガイドという技術が使われており、広い指向性を実現。

DTMで使うようなニアフィールドモニタースピーカーでは、頭の場所を意識しておかないと定位やステレオ感が正しくモニターできなかったのですが、

この技術のおかげで意識せずとも正しくモニターができるようになりました。

しかも、広い範囲でのリスニングが可能になったので、複数人で作業するときにも聴いているポジションによる音量や定位の違いも気にせず作業できます。

 

GENELEC 8010APM

  • タイプ:アクティブスピーカー
  • サイズ(mm):181×121×116
  • 出力:25W(HF)+25W(LF)
  • 周波数特性:74Hz~20kHz(±2.5dB)、67Hz~225kHz(+6dB)

プロに愛用者が多いGENELECによる、小型タイプのモニタースピーカー。

手のひらサイズの本体からは想像もできないような素晴らしい音質、ふくよかな低音を実現しています。

上下に角度をつけられる台座が付属しているので、スウィートスポットを作りやすいという点も人気です。

 

あの中田ヤスタカ氏も愛用していたといえば、その凄さは何となくわかるんじゃないでしょうか。

数多くのプロが自宅での作業やモバイル作業環境の一部としてこの8010APMを組み込んでいます。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

モニタースピーカーは自分にあったものを選ぶのが大切です。

沢山の種類があって困ってしまいうこともありますが、そんなときにはこの記事を参考にしてみてください。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事