【無料】僕が使っているおすすめのフリーDTMプラグイン3選

【無料】僕が使っているおすすめのフリーDTMプラグイン3選

金銭的な都合でなるべくお金をかけずにDTMをしたいという人も多いですよね。

昔なら「無課金はマジで何もできないからやめとけ…」って感じでしたが、最近では無料なのに高品質なプラグインが増えてきました。

むしろ今になると、有料プラグインを持っているけどあえて無料のプラグインを使っている人もいたり。

こんなこと書いている筆者も、無料と有料のものを混ぜて使っています。

有料プラグインを持っているのにわざわざ無料プラグインを使うということは、逆に言えばその無料プラグインは相当出来がいいということですよね。

そんなわけで、今回の記事では筆者が使っている無料プラグインを3つ厳選して紹介したいと思います。

 

【今回の動画】

この記事と同じ内容の動画をYouTubeで公開しています。

動画で内容を知りたい人はYouTubeから、文字で読みたい人はこのページを読み進めてみてください。

 

Xfer Records OTT

まずオススメしたいのがこれ、OTT

コイツはいわゆるマルチバンドコンプレッサーなんですが、もともとはAbleton Liveの付属マルチバンドコンプレッサーの「OTT」というプリセットを再現したものなんだとか。

ちなみにXfer RecordsはSerumというソフトシンセサイザーが有名なんですが、そのSerumの内部エフェクトとしてもOTTが搭載されています。

音色の傾向としては結構バキバキ系で、エレクト系によく使われているイメージがありますね。

それこそ海外のプロ音楽プロデューサーも使うそうです。

もちろん、うすめにかければナチュラルに音を整えることも可能なので、汎用性が意外に高いプラグインだと思います。

 

ダウンロードはこちら

 


Spitfire Audio LABSシリーズ

Spitfire Audioというメーカーが出している無料プラグインがLABSシリーズ

音源系の無料プラグインなら、Spitfire AudioのLABSシリーズが最強だと思います。

そもそもSpitfire Audioが、オーケストラ音源などで定番になっている音源プラグインメーカーということもあり、音質はかなりのよさ。

音源の種類も結構豊富で、有名なところでも

  1. Strings(標準的なストリングス)
  2. Frozen Strings(冷たい感じのストリングス)
  3. Drums(ドラム音源)
  4. Scary Strings(おどろおどろしいストリングス)
  5. Choir(クワイヤ)
  6. Soft Piano(アタックが優しいピアノ)
  7. Modular Piano(シンセっぽいピアノ)
  8. Music Box(オルゴール)

など、結構な数があります。(もちろんこれ以上の数あります)

全部無料なので、初心者DTMerの方はとりあえず全部ダウンロードしてみて、気に入ったものを使ってみてはいかがでしょうか?

 

ダウンロードはこちら

 

iZotope Vinyl

iZotopeはOzoneNeutronが有名な、エフェクト系を得意としているプラグインメーカーです。

そのiZotopeが無料で配布しているVinylは「レコードの質感を再現する」という効果があるプラグイン。

このプラグインを使うと、レコードならではの音質の劣化が起きたり、レコードを再生したときのノイズを好きな量入れることができます。

最近ではLo-fi Hip Hopといった、少し古めの音をメインに使うジャンルが人気になったので、このプラグインが注目されました。

もちろん、通常のジャンルでもアクセント的に使えたり、劣化させる量を少なくすればテープシミュレーター的な使い方もできるので、とりあえず持っておいて損はないでしょう。

 

ダウンロードはこちらから

 


おわりに

僕がかなり使っているフリープラグインを3つ紹介させていただきました。

その他にもオススメなフリープラグインを知りたいという方は下の記事を読んでみてくださいね。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事