ポップガードのおすすめは?金属(メタル)製と布製どっちがいいの?

ポップガードのおすすめは?金属(メタル)製と布製どっちがいいの?

本格的なボーカルレコーディングだけでなく、歌ってみたゲーム実況などにも使われるポップガード。

マイクと口の間に設置するだけの機材ですが、あるのとないのではかなり変わってきます。

今回はそんなポップガードについて解説していきましょう。

 

ポップガードとは?

ポップガードというのはその名の通りマイクにポップノイズが入らないようにガードしてくれる機材のことです。

画像のような網状のもので、マイクの前に置いて使用します。

ポップノイズというのは日本語では吹かれノイズとも言われ、「ぼふっ」とした音が特徴です。

 

実際に口の前に手を当てながら「ポップ」と言ってみると手に風が当たると思いますが、その風がそのままマイクに伝わってしまうとノイズになってしまうわけです。

こういったノイズまみれの音は非常に聞き苦しいですよね。

このノイズはあとから除去することが非常に困難ですし、ボーカリストが意識しても避けることができないので、ポップガードを使ってあらかじめノイズを防いでおきます。

 

またマイクは水分や湿気に弱いので、ポップガードによってツバや呼吸の湿気から守ることもできます。

 


使い方・設置方法

ポップガードの使い方はとっても簡単。

マイクスタンドに挟み込んで、口とマイクの間に設置するだけです。

プロのレコーディング現場などではポップガード用にもう一本マイクスタンドを用意することがありますが、自宅でのレコーディングなどではマイクを付けているスタンドに直接付けてしまってもOK。

 

マイクからの距離はどのくらいがいいかというと、大体5~20cmくらいのことが多いです。

マイクと口が近づけば近づくほど「近接効果」といって低音が強調され、逆に離れていくほどスカスカとした音になります。

どのような音にするかを考えながら、狙った音になるように距離を考えて設置しましょう。

 

布製と金属製どっちがいい?

ポップガードには網の部分がストッキングのような布でできたものと、金属でできたものとがあり、それぞれ音質が若干違ってきます。

布製の方は、若干高音がまろやかになり音量が落ちますが、金属のものに比べて値段は安め

一方、金属のもののほうが音がクリアで、伸びやかな感じがしますが、若干値段は高めです。

 

また金属のもののほうが洗いやすいので断然おすすめは金属ですが、ハイがきつめのマイクなど、布製のものが合うときもあります。

 

ちなみに、布製のポップガードはストッキングのような素材といいましたが、本物のストッキングとハンガーで自作することも一応できます。

ポケモンの主題歌なども担当しているシンガーソングライターの岡崎体育さんはお母さんの要らなくなったストッキングを使って作っているんだとか。

お金がないときには自作してみるのもいいかもしれませんね。

 

おすすめの商品

キクタニ PO-5S

布製ポップガードのベストセラーで、Amazonのランキングなどでもいつも上位にあります。

値段も2000円を切っており、非常にお手頃です。

機能も十分で歌だけでなく、ゲーム実況などでもよく使われています。

 

Dicon Audio DCP-2

金属製のポップガードのなかでも特に安く、値段の変動はありますが大体2000円前後で買えます。

だからといって性能が下がっているわけではないのがこの商品のいいところです。

こちらも歌やゲーム実況などで定番です。

 

STEDMAN PROSCREEN

高品質のポップガードが欲しい方にオススメなのがこの機種。

プロのレコーディングスタジオなどにもよく置いてあり、実力は折り紙付きです。

金属製の網目は特殊加工されており、息を下に落とす効果があります。

これによって声はまっすぐマイクに届きますが、息だけは除去されるんだとか。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

マイクを使っている人ならポップガードを通すだけで、音質がかなりアップします。

今まで使ってこなかった人はぜひ使ってみてくださいね。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter 

機材レビューカテゴリの最新記事