【2019】お花見で聴きたい桜ソング20選!春を感じる人気曲・定番曲

【2019】お花見で聴きたい桜ソング20選!春を感じる人気曲・定番曲

お花見には音楽があると盛り上がりますよね!

今回はそんなお花見にぴったりな桜ソングの中でもおすすめのものをピックアップしてみました。

皆で聴いて、楽しくお花見をしてみるのはいかがでしょうか。

それでは早速行ってみましょう!

 

桜|DA PUMP

2018年は「U.S.A.」の大ブームによってDA PUMPの年になりましたね。

そんな彼らが2019年にリリースした桜ソングがこちら。

EDMの要素やレゲトン調のリズムを取り入れつつも、メロディは邦楽の歌謡曲がベースになっているので覚えやすいと思います。

 

千本桜|和楽器バンド

最近の若い人なら、「桜ソング=千本桜」という人も多いのではないでしょうか?

もともとはボーカロイドの曲で、ニコニコ動画に公開されたことで話題になりました。

それ以降ロングヒットを続け、今でもカラオケに行くと誰か一人は歌う曲になっています。

 

桜|コブクロ

コブクロの「桜」も定番の桜ソングですよね。

ちょうどこの曲が出た時期って、桜ソングがかなり多かったようなイメージがありません?テレビ番組でも芸人さんたちが「桜ソング多すぎ!」ってツッコんでいた気がします。

最近でも新曲の桜ソングがリリースされていますが、やっぱりこのくらいの時期の桜ソングは鮮明に覚えている人が多いんじゃないでしょうか。

 

さくら|ケツメイシ

ケツメイシの桜もお花見では欠かせない曲です。

イントロを聴いた瞬間から「ああ!この曲か~」ってなりますよね。

皆で歌ってみると楽しいと思いますよ。

 

SAKUERA|いきものがかり

しばらく活動休止をしていましたが、最近活動を再開したことで話題になった「いきものがかり」の桜ソング。

この曲も皆さんの記憶に残る桜ソングではないでしょうか。

ちょっと切なげなメロディが心に響きます。

 

さくら(独唱)|森山直太朗

森山直太朗さんのこの曲も桜の時期には良く聴きますよね。

初めてこの曲を聴いた時には、歌唱力が凄くてとても驚いたことを覚えています。

ピアノと歌だけというシンプルな曲ですが、それがかえって心に染みますね。

 

さくらのうた|KANA-BOON

KANA-BOONの桜ソング。

この曲は彼らのインディーズ時代からの曲だそうで、2018年になって改めてメジャーからリリースされました。

シンプルなロックソングといった感じで、テンションが上がりますね。

 

はなびら|back number

最近話題になることも多い、群馬県出身のバンドback numberの桜ソング。

2011年の曲ではありますが、ファンの間では隠れた名曲として愛され続けています。

今のback numberにも通じるキャッチーなメロディと、共感出来る歌詞が特徴です。

 

CHE. R. RY|YUI

YUIさんの代表曲「CHE. R. RY」も桜ソングですよね。

YUIが登場したとき、独特な歌声と抜群の歌唱力で世間が彼女に夢中になりました。

今聴いても、色褪せない名曲です。

 

SAKURAドロップス|宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんの「SAKURAドロップス」は、ファンの間で隠れた名曲として人気の桜ソングです。

TBS系テレビドラマ「First Love」の主題歌にもなったので、聴いたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

洋楽らしさを感じられるリズムがなんとも宇多田さんらしいです。

 

さよならメモリーズ|supercell

ニコニコ動画出身のクリエイターチーム、supercellのナンバー。

桜の季節の切なさやノスタルジックさを、エモーショナルなサウンドで表現しています。

数多くの歌い手さんがカバーしており、そちらも必聴です。

 

サクラあっぱれーしょん|でんぱ組.inc

お花見にアイドルソングを聴くと楽しい気持ちでいっぱいになりますよね!

特にこの曲は聴いているだけで踊りたくなるリズムなので、話も盛り上がりそうです。

皆さんで振り付けを覚えて踊るのもいいかもしれませんよ。笑

 

さくらんぼ|大塚愛

大塚愛さんの「さくらんぼ」もこの季節になると聴きたくなりますよね。

最近だと(ちょっと前ですが)お笑い芸人「にゃんこスター」のネタで使われたことでも話題になりました。

曲自体がとてもキャッチーなので耳に残ります。

 

桜坂|福山雅治

福山雅治さんの「桜坂」も桜のシーズンにぜひ聴いて欲しい一曲。

彼ならではの低めの声がなんともセクシーですよね。

なぜか昔のことを思い出してしまう、そんな一曲です。

 

春よ、来い|松任谷由実

リリースから何年も経過していますが、未だにテレビやラジオでよく流れる、ユーミンの桜ソング。

独特のハーモニー感が、春のうららかな日差しを感じさせますよね。

皆さんでハモってみても楽しい一曲です。

 

桜の森|星野源

知る人ぞ知る星野源さんの桜ソング。

オリジナルはダンサブルなR&B調の曲ですが、こちらの動画はアコースティックアレンジがされていて、よりお花見っぽくなっています。

男女の交わりを文学的に表した意味深な歌詞が特徴です。

 

桜が咲く前に|きのこ帝国

邦楽ロックファンの間で大人気のバンド、きのこ帝国の桜ソング。

少しメロウで切ないサウンドが春のノスタルジックさをイメージさせますね。

大人数のお花見はもちろん、桜並木をお散歩するときにも聴きたい一曲です。

 

10年桜|AKB48

AKB48の初期を代表する名曲のひとつとして「10年桜」は知られています。

AKBらしい歌いやすいメロディが特徴で、一度聴いたら耳から離れないキャッチーさがありますね。

MVではテレビなどでよく見るようになったメンバーの初々しい姿が見られます。

 

チェリー|スピッツ

ロングヒットの桜ソングといえば、筆者はまっさきにスピッツの「チェリー」をイメージしてしまいます。

ちなみにこの曲はコード進行が簡単なので、ギタリストの定番の練習曲としても愛され続けています。

ギターをやっている人なら一度は弾いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

ひらり|大原櫻子

女優としてしも活動しているシンガーの大原櫻子さん。

この曲は彼女が歌う桜ソングであり、映画「チア☆ダン」の主題歌にもなりました。

作詞作曲編曲は、元東京事変のベーシストでもある音楽プロデューサー、亀田誠治さんが手がけています。

 

桜の時|aiko

aikoさんのこの曲も桜のシーズンによく聴く人は多いんじゃないでしょうか。

彼女ならではのキャッチーなメロディと、トリッキーなハーモニーがなんとも言えない魅力を醸し出していますよね。

実はこの曲、aikoさんの代表曲にもなった「カブトムシ」の次のシングルでもあり、初回限定20万枚しかリリースされなかったので、今でも入手困難なCDのひとつになっています。

音楽レビューカテゴリの最新記事