【2019】おすすめのパワーサプライ8選!定番・人気製品まとめ

【2019】おすすめのパワーサプライ8選!定番・人気製品まとめ

ギターやベースのエフェクターが増えてくると困るのが、電源が足りない問題。

1~2個ならそれぞれACアダプターを用意したり電池でも対応できますが、個数が増えてくるとコンセントが足りなくなりますし、電池を交換するのも大変です。

そんなときに重宝するのがパワーサプライという機材。

パワーサプライを使うと1つのコンセントからいくつものエフェクターに電源を供給することができます。

それだけでなく、安定した電源供給ができるので誤動作防止やノイズ対策にもぴったりです。

今回はそんなパワーサプライの中でも特にオススメ、定番のものをピックアップしてみてました。

MAXON / PD01

サウンドハウス

定番のパワーサプライといえばMAXONの「PD01」です。

こちらは最大7台までのエフェクターに供給可能で、電圧が安定しているので音の劣化やエフェクターの誤作動が少なくなります。

耐久性も高く、長く使えるパワーサプライを探している人にもオススメ。

サイズは通常のエフェクターと同じくらいで、エフェクトボードのスペースを圧迫しません。

価格をチェック

 


VOCU / Baby Power Plant

サウンドハウス

VOCU「Baby Power Plant」はType-AとType-Bがあり、それぞれ性能が異なっているパワーサプライです。

Type-Aの方は9Vの電源が13出力。

Type-Bの方は9V が11出力、  18V が1出力、12Vが1パラレル出力のマルチボルテージモデルになっています。

すべて9VでもOKな人はType-A、さまざまな電圧のエフェクターを併用している人はType-Bがオススメ。

Type-Aは機能が少ないお値段も抑えめなので、予算が少ない場合にもぴったりです。

価格をチェック

 

VITAL AUDIO / POWER CARRIER VA-08 MKII

サウンドハウス

VITAL AUDIO「POWER CARRIER VA-08 MKII」は、安定した電力を供給したい人にオススメなパワーサプライです。

こちらのモデルはすべての電源がアイソレートしているので、供給の安定性は抜群。

9Vが6出力、さらに9V、12V、18Vに可変できる電源が2出力のマルチボルテージ使用になっています。

最大容量が2Aと、供給容量も余裕があるので、高電圧エフェクターを使っていても余裕があります。

価格をチェック

 

VITAL AUDIO / POWER CARRIER VA-01

サウンドハウス

高性能でお手頃価格のパワーサプライを探しているなら、こちらVITAL AUDIO「POWER CARRIER VA-01」をぜひチェックしてみてください。

こちらのモデルはコンパクトなサイズでありながら、9V、12V、18Vの出力を確保できるパワーサプライとして人気になりました。

高級パワーサプライなどにある電源のアイソレート機能が省略されていますが、最大1Aまで供給できるので、通常の使用なら余裕をもって使うことができるでしょう。

価格をチェック

 

Noah’sark / AC/DC-1

サウンドハウス
Noah’sark「DC-STICK」は、とにかく多機能で使いやすいパワーサプライ。

こちらは9Vが8出力、12Vが3出力に加えて、コンセントタイプの出力も備えています。

特殊なACアダプターからの電源供給が必要なエフェクターなどを使用している人でもコンセントを繋げられるので、電源タップを持ち運ぶ必要がなくなります。

もちろんノイズ対策もばっちりで、音質にこだわる人にもオススメです。

価格をチェック

 

Electro-Harmonix / Power Tank

サウンドハウス

Electro-Harmonix「Power Tank」は、なんと充電式という珍しいタイプのパワーサプライ。

充電して使えるので、ライブハウスはもちろん路上ライブや、コンセントが少ない会場でのステージなど場所を問わず安定して電源を供給できます。

充電状態がLEDで確認できるなど、充電切れに対する対策もしっかりしてあるので安心して演奏に集中できるでしょう。

もちろん、充電しながら使用すれば通常のパワーサプライとしても使用可能で、停電対策にも使えます。

出力の数も必要十分なので、いろいろな場所でライブする人は要チェックです!

価格をチェック

 

FIREGLOW / PPS-01

サウンドハウス

FIREGLOW「PPS-01」は高機能で低価格なコスパの高いパワーサプライ。

お手頃価格でありながらも、全出力が完全アイソレーテッドになっていて、電源供給の安定性は抜群です。

グラインドラインも分離されているのでノイズ対策にもばっちり。

出力も9V出力6端子に加え、9V、12V、18Vが選択できる出力を2端子マルチボルテージ使用になっているのも素晴らしいですよね。

価格をチェック

 

One Control / Distro All In One Pack Black

サウンドハウス

こちら「Distro All In One Pack Black」は、低価格でありながらも、高性能なエフェクターを製造していることで知られるOne Controlの製品。

9V出力を8端子、それに加えて12~18VにSAGで可変できる出力が1端子搭載されているので、機能としては必要十分です。

アルミ削り出しの高級感のあるボディは、サイズもコンパクトでノイズ対策も兼ねています。

さらに、2台購入すればDistroLINKという機能を使って電源を共有することができ、一つのコンセントから最大で17台のエフェクターに供給することが可能になります。

価格をチェック


おわりに

以上がパワーサプライの紹介でした!

安定した電源は音にもいい影響があるので、ぜひパワーサプライにもこだわってみてくださいね。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事