SHURE SE215レビュー!予算1万円で買えるコスパ最高イヤホン

SHURE SE215レビュー!予算1万円で買えるコスパ最高イヤホン

なんだかんだ購入してから1年以上使っているSE215。

Shureのイヤホンの中でも大定番ですが、改めてレビューということで紹介します。

 

僕はいわゆるオーディオオタクではなく、作編曲家兼ギタリストなので、模範的なイヤホンレビューとはちょっと違うかもしれませんがご了承ください。

ちなみにイヤホンを使うときはほとんど外出時で、外部DACなどを使わずにiPhoneに直挿しスタイルです。

それではいってみましょう!

 

 

なぜ購入したのか

そもそもなんでSE215を購入したのかというと、単純に外で聴く用のちょっと良いイヤホンが欲しかったからです。

いつもは音楽を聴くときはもっぱら室内なのでスピーカーやヘッドホンで聴くことが多く、それまで外出時に使っていたのはApple純正の白いイヤホン。

Apple純正のやつはなんだかんだ使っている人が多いイヤホンなので、音楽制作のモニターには欠かせないんですが、音は正直言ってそこまで好きじゃありませんでした。

 

そこで、散歩がてら制作中の自分の曲を聴いてアイデアを練ってみたり、街を歩きながら色々な曲を聴いて新しい発見をしたりということができそうな、ちょっと良いイヤホンを探していたところSE215を発見。

外での使用を考えていたので遮音性が高いものを調べていたところ、SE215はノイズキャンセリング機能などはないもののかなり遮音性が高いというレビューを目にしました。

そしてイヤホンの中でも定番らしい。

音楽制作では、定番のイヤホンを持つということは、リスナーと同じ再生環境を作れるということとイコールなのでかなり重要なんですよ。(だからプロはAppleのイヤホンで聴いたりラジカセで聴いたりもしています)

値段も1万円前後とお手頃です。

試聴してみたところ音質もそこそこ良かったので購入し、それから1年ほど使っています。

 


音質レビュー

僕の感想ですが、音質はそこまで悪くないと思っています。大きな不満はありません。

割とオールラウンドにこなせるイヤホンで、モニター向けのフラットな感じです。

 

巷では「SE215は低音が弱い」と言う評価をよく見かけますが、実際に聴いてみると、そんなこともないなというのが僕の感想。

確かにiPhoneについてくるApple純正のイヤホンやAirPods、ましてやBeatsなどと比べると若干弱いように感じますが、そもそもアイツらはバカみたいに低音出してるイヤホンですので。

まあSE215はそこまで低音がドーンって感じのイヤホンではないことは確かなので、低音マシマシが好きな方は他のイヤホンの方がいいかも知れませんね。

僕からすると割とフラットな傾向の中に収まっているように感じました。

 

また、高音のキラキラ感やクリア感はそこまでないようです。逆に言えば長時間聴いても疲れにくい音になっています。

そのせいで「解像度がそこまで高くない」と言われますが、イコライザーで2kHzあたりを少し突いてあげれば解決するはず。

(解像度の定義は人によって違っていて、高音が弱いと解像度が低いと思う人も多いようです)

イコライザーを使うのを嫌がる人も多いですが、ちょっとした補正程度に使うと好みの音が得やすいですよ。

 

音場はそこまで広くなく、近くで鳴っているような印象があります。

カナル型のイヤホンは耳の奥まで入れるので、これに関してはしゃーない。

 

遮音性は高い

SE215はかなり遮音性が高く、音漏れはほとんど無いですし、装着すると音楽の邪魔になる周囲の音もほとんど聞こえなくなります。

Shure掛けと呼ばれる特殊な装着方法のおかげでタッチノイズが軽減されるので、外出先でも快適に音楽を楽しめるでしょう。

Shure掛けはこちらの動画を参照してください。

 

また、付属のソフト・フォーム・イヤーチップと呼ばれる低反発で耳にフィットするチップがあるのですが、これの遮音性が凄い。

遮音性が高すぎて周りの音が聞こえなくなり、逆に歩いているときは危ないかもしれません。

ただ残念なことに、このイヤーチップ結構ヘタりやすくて使用頻度にもよりますが3~4ヶ月くらいで交換する必要が出てきます。

ソフト・フォーム・イヤーチップだけ買うとしてもペアで2500円位するので、イヤホン自体の値段を考えるとちょっとなあ…って感じ。

低反発のイヤーチップではなく、付属しているもう一方のソフト・フレックス・イヤパッド(ゴム製)なら長持ちしますし、遮音性も高いので僕はそっちをメインに使っています。

 

もちろん遮音性が高いので、低価格イヤモニとしてもおすすめです。

ドラマーの知り合いがライブで同期用に使っていましたが、クリックが聞き取りやすいって言ってました。

クリックの漏れなどもほとんどないのでレコーディングのときにもいいかもしれませんね。

ケーブルも長めなので取り回しもしやすいです。

 

リケーブル可能

イヤホンって長いこと使っていると必ずいつか断線してしまいます。

その点SE215のケーブルはかなりしっかりしているので断線しにくいですし、もし万が一断線してしまってもリケーブルが可能です。

ケーブルは1本4000円前後なので買い直すよりかなり安く修理できます。

また、最近ではスマホのリモコン機能付きのケーブルも売られていたりもするので、それを買ってみるともっと便利になりそう。

噂によれば高いケーブルに交換すると音質が良くなるとか。眉唾ですが。

 


まとめ

遮音性音質値段という3つの要素を考えるとSE215は最高レベルのコスパだと思います。

僕のように外で使える遮音性の高いイヤホンを探している人はもちろん、安めのイヤモニを探しているミュージシャンにもぴったり。

変な味付けがされていないので、初めて本格的なイヤホンを買う方にも基準を知るという意味でオススメです。

 

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事