【2019】ギター・ベースにおすすめのアンプシミュレーター15選(ソフト/ハード)

【2019】ギター・ベースにおすすめのアンプシミュレーター15選(ソフト/ハード)

今回はおすすめのアンプシミュレーターの紹介です。

アンプシミュレーターというのは簡単に言えば、読んで字のごとくギターやベースのアンプをシミュレートしたもの

最近では非常に高品質なものが増えていて、実機アンプさながらの音が出るものもたくさんありますよね。

このページではギタリストである筆者サッキー(@sakky_tokyo)が、ハード/ソフト両方のおすすめアンプシミュレーターを紹介していきたいと思います。

 

目次

アンプシミュレーターの選び方

一言にアンプシミュレーターといっても、実はたくさんの種類があり、人によってぴったりなものが違ってきます。

アンプシミュレーターは数万円~数十万円のものもあるように、決して安い買い物ではないので、選び方を知っておいたほうが安心ですよね。

そこで、実際におすすめの商品を紹介するまえに、選び方について簡単に解説してみたいと思います。

 

選び方は知ってるから、おすすめ商品だけ知りたいという方は以下から各項目にジャンプできます。

おすすめアンプシミュレーター【ハードウェア編】にジャンプ

おすすめアンプシミュレーター【ソフトウェア編】にジャンプ

 

それでは選び方について解説しましょう!

種類の違いを知る

アンプシミュレーターは大きく分けると

  • ハードウェアタイプ
  • ソフトウェアタイプ

の2種類があります。

それぞれの違いについて知っておきましょう。

ハードウェアタイプ

アンプヘッド型や、ラックマウント型など物理的なモノが存在するのがハードウェアタイプのアンプシミュレーターです。

恐らくアンプシミュレーターの購入を検討している人のほとんどがハードウェアタイプを探しているんじゃないでしょうか。

ハードウェアタイプはソフトウェアと違って、PCのCPUを使わないで済むので、ライブなどでも安定して使用することができます。

 

ソフトウェアタイプ

ソフトウェアタイプのアンプシミュレーターはパソコンやスマートフォンのソフトとして販売されているもの。

ハードウェアタイプと違って、原材料費や輸送コストがほぼかからないので、同じ音質ならソフトウェアタイプのほうが安い傾向にあります。

DTMやレコーディングといった使い方はもちろん、スマホアプリのアンプシミュレーターなどは気軽に自宅練習をするのにも最適です。

 

ハードウェアタイプにはいくつかの種類がある

さきほど紹介したハードウェアタイプのアンプシミュレーターにはいくつかの種類があり、大きく分けると以下の4つに分けられます。

  • アンプヘッドタイプ
  • ラックマウントタイプ
  • フロアタイプ
  • アンプタイプ

ハードウェアのアンプシミュレーターの購入を検討している人は違いを知っておくと選ぶときの参考になります。

アンプヘッドタイプ

 

View this post on Instagram

 

Kemper Profiler (official)さん(@kemperprofiler)がシェアした投稿

アンプヘッドタイプのアンプシミュレーターは、スタックアンプ(スタジオに置いてあるマーシャルなど)の上半分だけ、といった形状をしています。

実際にアンプのように操作ができるので、アンプは使ったことがあるけれどアンプシミュレーターは初めてという人でもスムースに使い方が理解できるでしょう。

パワーアンプ付きのアンプヘッドタイプは、本物のアンプのようにそのままキャビネットにつないで音を出すこともできるのでライブに最適です。

 

ラックマウントタイプ

 

View this post on Instagram

 

fractalaudioさん(@fractalaudio)がシェアした投稿

本格的な音楽機材と同様に、ラックに入れることができるタイプのアンプシミュレーター。

このタイプは他に比べて音質がいい傾向が多く、入出力系統も豊富なのでプロのミュージシャンもよく使っています。

アンプだけでなくエフェクターの種類も豊富で、音作りもとことん追い込めるのもメリット。

ラックマウントということもあり、レコーディングスタジオやDTMなどで定番ですが、別途パワーアンプを使えばライブで使用することも可能です。

 

フロアタイプ

 

View this post on Instagram

 

Line 6さん(@official_line6)がシェアした投稿

フロアタイプのアンプシミュレーターは、エフェクターと同じように足元に置いて操作することができます。

コンパクトなものが多く、持ち運びも他のタイプに比べて楽なので、スタジオ練習やライブなどでも活躍するでしょう。

また、フロアタイプはアンプシミューレーター以外にも、たくさんのエフェクトが入っているマルチエフェクタータイプが多いので、エフェクターをひとつにまとめる目的でもオススメです。

 

アンプタイプ

 

View this post on Instagram

 

Yamaha THRさん(@yamahathr)がシェアした投稿

こちらはスピーカーも付属している、コンボアンプにアンプシミュレーターを組み合わせたようなタイプ。

自宅練習などでも本格的なサウンドで楽しめるように開発されました。

もちろん、自宅だけでなく小規模なライブ会場や、ちょっとしたレコーディングが楽しめるものもたくさんあります。

最近ではUSB端子が搭載されたり、ヘッドホンが接続可能なものもあり、そういったタイプはDTMなどでレコーディングをするのにも最適です。

 

用途で選んでみよう

アンプシミュレーターの種類について解説してきましたが、結構種類が多いのでどれがいいか分からないという人も当然いると思います。

そんな時には、自分がアンプシミュレーターをどう使おうと思っているのかで選ぶのがオススメです。

ここでは

  • 自宅練習用
  • ライブ用
  • レコーディング・DTM用

こちらの3つの用途に分けて、オススメの種類を紹介しましょう。

自宅練習用

スタジオ練習やライブ、レコーディングなどは実機のアンプを使い、自宅だけアンプシミュレーターを使って練習しようと思っている人はこちら。

この用途だと音質がまあまあでも問題ないので、どの種類を選んでもOKです。

強いていうならば、

  • 安く済ませたいならアンプタイプがおすすめ
  • パソコンやスマートフォンで手軽に練習したい人はソフトウェアタイプがおすすめ

といったところでしょうか。

 

ライブ用

スタジオ練習やライブでアンプシミュレーターを使おうと考えている人はアンプヘッドタイプフロアタイプのものがおすすめです。

ただ、アンプヘッドタイプは重いものが多いので、車が使用できるかどうかや、移動距離などを考えて選んでみましょう。

もちろん、ライブで使用するということでパワーアンプ付きのアンプシミュレーターが便利です。

 

レコーディング・DTM用

レコーディングやDTMでアンプシミュレーターを使おうと考えているときにはラックマウント、ヘッドアンプ、ソフトウェアタイプがおすすめです。

この用途では移動を考えなくてもOKなので、できるだけ機能が豊富なものや、音質がいいものを選びましょう。

最近では、ハードウェアタイプのアンプシミュレーターでも、パソコンから音作りができる専用のエディターソフトが公式で配布されていることが多いので、レコーディングやDTMの際にはぜひ用意しておくと便利です。

また、パソコンに音を取り込むにはオーディオインターフェイスが必要になります。

ハードウェアタイプならオーディオインターフェイス機能が付いているものが多いですが、音質を追求するときには別途ハイクオリティなオーディオインターフェイスを用意したほうが無難です。

 


おすすめアンプシミュレーター【ハードウェア編】

アンプシミュレーターの選び方がわかったところで、実際にオススメの商品をいくつか紹介したいと思います。

まずはハードウェアタイプのアンプシミュレーターから行ってみましょう!

紹介文の下には、サウンドが確認できる動画などが貼ってあるので、そちらもあわせてチェックしてみてください。

Positive Grid Bias Head

出典:amazon.co.jp

BIAS Headは、もともとソフトウェアのアンプシミュレーターとして大人気になった、「BIAS AMPシリーズ」をハードウェア化したもの。

音はもちろんBIAS AMPと同じで、非常にリアル。内臓されているアンプも同じなので、BIAS AMPを使ったことがある人ならスムースに以降できるでしょう。

もちろん、ソフトウェアのBIAS AMPを使ったことがなくても、操作自体がシンプルなので、すぐに慣れると思います。

 

もともとソフトウェアだったということもあり、パソコンやスマートフォンとの連携もしやすく、家で作った音をそのままライブ会場やスタジオに持っていくことができます。

また、ハードのアンプシミュレーターの中では安価な部類で、後述するAxeやKemperの約半額~2/3程度の値段です。

パワーアンプが付属していてこの値段なので非常にお得ですよ!

使用動画

価格をチェック

 

Positive Grid Bias Mini Guitar / Bass

出典:amazon.co.jp

2018年にPositive Gridからさらに小型化・低価格化したアンプシミュレーターが発売されました。

その名もBIAS MINIシリーズ。

このシリーズにはギターとベースでそれぞれ別の製品が用意されていてそれぞれの違いは

  • 外観の色
  • プリセット
  • スピーカーアウト端子(GuitarはTSのみ、BassはTSとスピコンの2種)
  • ミドルノブの特性切り替えスイッチ

この4つ。

イコライザやゲインなど、アンプのノブで操作できるのはプリセットのみになります。

BluetoothまたはUSBでiOS端末やパソコンに接続すれば、アンプ内部の細かいセッティングを弄って音作りができますし、プリセット以外のアンプも使えるのでGuitarをベースアンプに、Bassをギターアンプに、なんて使い方も可能です。

もちろんMIDIでコントロールできるので、足元でアンプを瞬時に切り替えることもできます。

この辺はBias Headなどと同じですね。

 

Bias Miniならではの特徴といえばその軽さ安さです。

重量はなんと2.5kgで大きさは、ちょっと大きめの本と同じくらい。

ギターやベースのギグバッグに入れて持ち運べるサイズ、重さです。

実機のアンプや高品質なアンプシミュレーターというのは大抵デカくて重いので、これはかなり素晴らしい。

 

しかもこのスペックで値段が10万円程度。

Guitar Bassともに300Wのパワーアンプがついてこの値段というのは驚異的です。

 

使用動画

価格をチェック

 

Line6 POD HDシリーズ

出典:amazon.co.jp

ハードのアンプシミュレーターでおなじみ、Line6のマルチエフェクター/アンプシミュレーター。

非常に低価格でありながら、かなりの音のクオリティで初心者の方に真っ先におすすめしたい商品の1つです。

操作性は若干クセがあって、最初は戸惑うことも多いですが、慣れたらとても使いやすいと思います。

 

また、音のクオリティはやはり他の高価格帯のアンプシミュレーターに負ける部分もありますが、使えるアンプや、エフェクターの種類はとても多く、機材の使い方を覚えるのにはうってつけです。

アンプのクオリティとしてはレコーディングにはちょっと辛いけど、ライブなら十分といった感じでしょう。

レコーディングのときにはエフェクターだけ使って、アンプはスタジオのものを使うという方法がいいのではないでしょうか。

使用動画

価格をチェック

 

 

Line6 Helix

 

出典:soundhouse.co.jp

先ほどのLine6から出ている高級路線のアンプシミュレーターがこのHelixです。

POD HDとは音のクオリティからして違い、非常にリアルで操作性も抜群。

個人的にはデザインもカッコイイと思います。

 

音作りの幅がとても広く、視認性も抜群。

値段もPOD HDと比べるとやはり高いですが、ほかのハイエンドアンプシミュレーターと比べると割と安い部類に入ります。

 

痒い所に手が届く柔軟性と、簡単に使うことができる操作性、音の良さなど、総合力がとても高いアンプシミュレーターです。

使用動画

価格をチェック

 

Line6 HX Stomp

出典:amazon.co.jp

さきほどのLINE6 Helixは、確かに音質は最高に良いんですが、サイズが結構大きめですし、お値段も高いので購入を躊躇してしまう人も多いかもしれません。

そんな方にオススメなのがこちら、「HX Stomp」です。

HX StompはHelixの音質をそのままに、サイズをコンパクト化し、お値段も抑えられています。

このサイズ・価格でHelixと全く同じアンプやキャビネット、エフェクトを使用することができるというのは素晴らしいですよね。

その分、同時に使用するエフェクトの数が6つに制限されていますが、アンプシミューレーター単体で使うならHelixより大分お得です!

かなり軽量なので、すでにボードを組んでいる人でも新たに組み込みやすいと思います。

使用動画

価格をチェック

 

DigiTech RP360XP

出典:amazon.co.jp

お手軽にライブや自宅練習で使える、手ごろなアンプシミュレーターを探してるならDigiTech「RP360XP」はいかがでしょうか。

こちらはギター用マルチエフェクターにアンプシミュレーター機能がついているタイプ。

アンプやキャビネット、エフェクトは全部で160種類以上にものぼり、ルーパー機能やドラムマシン機能まで搭載しています。

非常にコンパクトで、値段もお手頃なので練習やライブでの使用を考えている初心者の方にオススメです。

使用動画

価格をチェック

 

VOX amPlugシリーズ

出典:amazon.co.jp

アンプシミュレーターは自宅での練習しか使わないという人ならVOXのamPlugシリーズもオススメです。

こちらはギターやベースのシールドジャックに直接挿し込むタイプのアンプシミュレーターになっていて、ヘッドホンやイヤホンで音を聴きます。

もちろん、AUX in端子が付いているので、スマートフォンやパソコンから音楽を流しながら練習も可能です。

ポケットに入れて持ち運べるくらいとてもコンパクトで、お値段もかなり安価なので、自宅練習にはぴったりでしょう。

見た目がおもちゃみたいなので、音が悪そうな感じもしますが、実は音質もそこそこ良いいのが素晴らしいですね。

音質については動画も参照してみてくださいね!

使用動画

価格をチェック

 

YAMAHA THRシリーズ

出典:amazon.co.jp

自宅で練習する小型のアンプになる、アンプシミュレーターならYAMAHAのTHRシリーズがイチオシです。

こちらはクリーンやクランチ、リードといった定番のチャンネルはもちろん、ベースにも使うことができるアンプシミュレーターを内蔵している小型アンプ。

なんとこのサイズでありながらエフェクトも搭載しているので、自宅練習はこれだけで完結してしまいます。

それに加えて、オーディオインターフェイス機能も搭載しており、USB端子からパソコンに繋げば、すぐに高音質でレコーディングも可能です。

もちろん、音自体も素晴らしいので、自宅練習とちょっとしたレコーディングを考えている人は要チェックです!

使用動画

価格をチェック

 

Fractal Audio Systems Axe-Fx

出典:amazon.co.jp

Axe-Fxはギターアンプシミュレーターの中でも、ハイエンド中のハイエンドで、プロを中心に非常に人気が高いモデルです。

音のクオリティが圧倒的に高く、クリアな出音を特徴としています。

また、付属のエフェクターもクオリティが高く、とくに空間系のかかり具合は甘美という言葉がまさにふさわしいほど、美しい音です。

ただ、人によっては音が綺麗すぎて好きじゃない、という人もいるのは確かですが。

 

値段が高いので、使いこなせなかったらどうしようと思ってしまいますが、

Axeは中古でも値段が下がりにくいので、買ってから合わなかったら売るというのも一つの手段だと思います。

使用動画

価格をチェック

 

Kemper Profiling Amplifier

出典:amazon.co.jp

前述のAxeと双璧をなす、ハイエンドアンプシミュレーターが、このKemperです。

Kemperの特徴といえば、実機の音をそのままハードに詰め込んだといっても過言ではないほどリアルな音でしょう。

先ほどのAxeがクリアでハイファイな音なのに対し、Kemperはアンプそのままのくすんだ感じやノイズなども表現しています。

ただ、どちらが素晴らしいとは言い難く完全な好みです。

 

また、このKemperにはプロファイリング機能とよばれるものがついていて、これを使うことで、実機アンプの音をそのままKemperの中に取り込むことができます。

つまり、スタジオなどにある珍しいアンプや、ヴィンテージでなかなか出回っていないアンプなどをプロファイリングすればKemperでそのアンプの音が出せるということです。

しかも、取り込んだアンプのデータはネット上でたくさん公開されているので、自分でプロファイリングせずとも、たくさんのアンプの音を手に入れられます。

使用動画

価格をチェック

 


おすすめアンプシミュレーター【ソフトウェア編】

次はソフトウェアタイプのアンプシミュレーターを紹介します!

Positive Grid BIAS Amp 2 シリーズ

出典:soundhouse.co.jp

低価格ながら、実機さながらのリアルな出力が特徴のアンプシミュレーター。

コストパフォーマンスの高さから人気が急上昇しており、目を離せないソフトです。

また、アンプのセッティングを細かく調整できる点も、音作りをこだわりたいユーザーからは評価されています。

 

ちなみに、私がメインで使っているアンプシミュレーターです。

別途記事を書いておりますので気になるかたはそちらを参照してみてください。

使用動画

価格をチェック

 

IK Multimedia Amplitube シリーズ

出典:amazon.co.jp

プラグインアンプシミュレーターの定番として、長年トップを走り続けているのがこの、Amplitubeシリーズです。

操作性や出音のクオリティ、価格設定などがユーザーのニーズを満たしていて、使っている方が非常に多くいます。

情報が多い点や導入が簡単な点などを考えると、初心者にもおすすめできるソフトでしょう。

 

このソフトの最大の魅力といえば、音のクオリティが真っ先に挙げられます。

ソフトアンプシミュレーターは無料・有料を含め、たくさんの種類がリリースされていますが、その中でもトップクラスに弾いていて気持ちがいい音です。

私が特に好きなのが、クランチ気味のドライブサウンド。まるで真空管アンプをその場で鳴らしているかのようなウォームな音で、デジタル臭さが全くありません。

 

また、このソフトはFenderやOrange、Mesa Boogieなどの世界的なアンプメーカー公認のモデリングを提供しています。

これらは、やはりメーカー公認というだけあって実機さながらの出音で、プロでも使用している人が多いです。

使用音源

価格をチェック

 

Native Instruments Guitar Rig 5 シリーズ

出典:native-instruments.com

Kompleteシリーズでおなじみ、Native Instrument社のアンプシミュレーターがこのGuitar Rigです。

Amplitubeとシェアを争う存在で、定番のアンプシミュレーターの1つといえます。

プリセットが非常に豊富で、音作りが苦手な人も安心です。音も申し分のないクオリティです。

視認性がいいUIなのもうれしいですね。

 

このGuitar Rigは前述のKompleteシリーズという、NIが販売している大人気プラグインバンドルにも付属しているため、とてもお得に入手できます。

Kompleteシリーズでは、アンプシミュレーターだけでなく、ドラム音源やベース音源、シンセサイザーも付属しているので、DAWを持っているのならこれだけで音楽制作を始めることができます。

 

使用音源

価格をチェック

 

WAVES GTR3

出典:amazon.co.jp

GTRはプラグインエフェクトの大手メーカー、WAVES社が販売しているアンプシミュレーター。

ギターメーカー、PRSことポールリードスミスの代表と共同開発したソフトということもあって、音は非常に素晴らしい出来です。

音の特徴としては太くてウォーム、往年のロックスターのような音から現代的なディストーションサウンドまでカバーしています。

 

WAVESのプラグインバンドルにも付属しているので、そちらで購入したほうがとてもお得です。

ミキシングやマスタリンングもやる方はバンドルをおすすめします。

GOLD以上のバンドルに付属しています。

使用動画

価格をチェック


機材レビューカテゴリの最新記事