【2019】おすすめリバーブエフェクター5選を聴き比べ【ギター歴10年が選ぶ】

【2019】おすすめリバーブエフェクター5選を聴き比べ【ギター歴10年が選ぶ】

ギターエフェクター紹介シリーズ、今回はリバーブエフェクターについての特集です。

今回もギター歴10年以上の筆者がこれまで使ってきたリバーブの中から特におすすめのものを選んでみました。

それでは早速行ってみましょう!

 

リバーブの必要性とは?

リバーブというのは「残響音を付け足すエフェクター」のこと。

リバーブをかけるだけで音をに奥行きや立体感が増え、いつもより上手くなったように聴こえるという人も多いんじゃないでしょうか。

実際にプロの現場でもリバーブのエフェクターを使っているギタリストはたくさんいます。

 

そんなマーシャルやジャズコーラスなど、定番のギターアンプにはリバーブ機能が搭載されているものが多いですよね。

もちろん、こういったアンプに搭載されているリバーブを使うのもいいんですが、エフェクタータイプのリバーブはそれよりももっと高品質な音で、リバーブの種類も豊富。

しかもエフェクタータイプのリバーブならステレオで出力できるものが多いので、PA卓に直接送ることでより立体的な音にできたり、レコーディングのときのエフェクターとしても使うことができます。

 

自分なりのリバーブサウンドがほしい人や、より立体的な音を楽しみたい人はリバーブエフェクターの購入をオススメします。

 


おすすめのリバーブエフェクター

では実際にオススメなリバーブエフェクターをいくつか紹介してみましょう。

動画でサウンドもチェックできるので、あわせて確認してみてくださいね。

BOSS RV-6

サウンドハウス
エフェクターを語るならやっぱりBOSSは外せません。

このRV-6はBOSSが出しているリバーブペダル。

手が届きやすい値段でありながら、音質もよく、機能性も豊富なコストパフォーマンスに優れた一台です。

ノブごとの効果がわかりやすく、初心者でも操作しやすいので初めてのリバーブペダルとしてもぴったりでしょう。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

TC Electronic Hall of Fame 2 REVERB

サウンドハウス
高品質なエフェクターを作ることで知られるTC Electronicのリバーブペダル。

非常に高音質で、クリアにかかるのでプロでも愛用者が多いペダルとして知られています。

こちらの機種では感圧式のスイッチが使われていて、踏み込んだ強さでエフェクトの掛かり具合などが変わる「MASH機能」というものが搭載。

これによって、従来のリバーブペダルでは不可能だったサウンドも作り出すことができます。

さらに、スマホアプリと連動することで「Tone Print機能」を使うことができ、プロが作ったセッティングなど世界中のユーザーのセッティングをそのまま反映させられます。

これだけ機能が揃って、お値段も安めなので要チェックなエフェクターと言えるでしょう。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

TC Electronic Skysurfer Reverb

サウンドハウス
「多機能なリバーブを買っても、どうせほとんど使いこなせないんだから…」と考えている人におすすめなのがこちら!

こちらのペダルは先程とは打って変わって、かなりシンプルな機能性を持つエフェクターとなっています。

ノブのパラメーターは「MIX」「TONE」「REVERB」のたった3種類のみ。

使えるリバーブの種類も「HALL」「PLATE」「SPRING」の3種類で、まさに必要十分な機能だけを搭載したリバーブと言えます。

余計な機能を廃したことで価格もかなり控えめになっていて、スタンダードなリバーブ機能を使いたい人だけでなく、初めてリバーブを使う人にもオススメできるペダルです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

Strymon blueSky

サウンドハウス
現在、プロの間で圧倒的支持を得ているリバーブペダルがこちら。

現在のリバーブエフェクターというシーンに革命を起こしたとも言えるペダルで、「Shimmer Sound」と呼ばれる独特な美しいサウンドが大人気になりました。

製作者のこだわりがこれでもかというほど詰め込まれているペダルなので、決して初心者向けとは言えません。

ですが、とにかく高品質なリバーブがほしい方や、将来的にプロを目指しているギタリストなら絶対に試してほしいペダルのひとつと考えています。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 

One Control Prussian Blue Reverb

サウンドハウス
最後に超シンプルなリバーブペダルを紹介します。

こちらはシンプルかつハイクオリティなエフェクターを製造していることで知られるワンコトロールのペダル。

操作性がとにかくシンプルで、ノブもたった3つ。よくある「リバーブモード切り替えスイッチ」もありません。

多機能タイプのリバーブだと、色々なことが細かくセッティングできるので、初心者にとっては逆にそれがハードルになったりしますよね。

ですがこのペダルならどんだけ弄くり回しても失敗しないので、簡単な操作でいい音を出したい人には真っ先にオススメしたいペダルです。

動画でサウンドをチェック

価格をチェック

 


おわりに

以上がおすすめのリバーブの紹介でした!

皆さんにぴったりな一台を見つけてみてくださいね。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事