【2019】おすすめオーバードライブ10選を聴き比べ!最強はどれ?【エフェクターまとめ】

【2019】おすすめオーバードライブ10選を聴き比べ!最強はどれ?【エフェクターまとめ】

今回はおすすめのオーバードライブペダルを10個選んでみました。

正直良いペダルが多すぎて、10個に絞るのがかなり難しかったのですが、それだけ本気で良いやつを集めてあります。

最高のオーバードライブを探しているという人はぜひチェックしてみてくださいね!

それではいってみましょう。

FULLTONE OCD

とりあえず最初に紹介するのはFULLTONE OCD。ド定番ですが、やっぱり音が良い。

傾向としては優等生タイプのオーバードライブで、色々と悩んだ末にOCDに戻ってくるという人は少なくありません。(僕がそう)

アンプやギターとの相性を選ばないサウンドで、変な癖がないのがOCDのいいところ。

 

筐体の上部についているHP・LPつまみを使えばハイをカットしたりローをカットしたりといったこともできます。

LP側に倒せばハイカットされ、バッキングに最適なちょっと後ろに引っ込んだ印象の音になります。

HP側だとローカットで、ぐぐっと前にでるサウンドに。こっちはギターソロなどに良いでしょう。

 

軽く歪ませてブルースやロックはもちろん、セッティング次第でけっこうヘヴィな音にもなるので結構いろんなジャンルに対応できます。とりあえず持っておいて損はないんじゃないでしょうか。

価格をチェック

 


BOSS OD-1X OverDrive

OD-1、OD-2、OD-3に続く新しいBOSSのオーバードライブ。

BOSSはベタではありますが、それだけ多くの人に使われているということはクオリティが保証されているようなもの。

それに何よりBOSSって使いやすいんですよね。汎用性が高い。

こだわりの高級エフェクターをボードに並べている中で、しれっとBOSSを入れている人も多いです。

 

ちょっと前に試奏してきたんですが、OD-1XではこれまでのBOSSのイメージを覆すような、現代的なトーンに生まれ変わっているような印象を受けました。

以前よりも低ノイズ化していますし、レンジが広く高解像度。

まさにモダン・オーバードライブといったサウンドになっていました。

Gainを回せば結構深くまで歪むようになっており、ディストーション一歩手前までいけます。

 

BOSSのODシリーズといえばビンテージ指向の人が使っているイメージだったので、これは良い意味で予想外。

分離感もいいので、誰にでもおすすめできるエフェクターです。

価格をチェック

 

BOSS BD-2 Blues Driver

はい、出ましたブルースドライバー!笑

プロアマ問わず、大体のギタリストのエフェクトボードに入っているというベストセラーオーバードライブです!

結局これなんですよねえ。ほんとに大体のギタリストが持っている。ちなみに僕はブースターとしてボードに組み込んでおります。

もう説明不要なぐらい有名ですね。

 

音を聴けば分かりますが、いわゆるオーバードライブサウンドのザ・王道といった感じ。

結構深くまで歪むのでロック全般には対応できます。

クリーンブースターとしても定番で、ゲインを下げてとしあえずかけっぱなしという使い方もおすすめです。

 

ブルースドライバーにはというロゴが入った「WAZA Craft」というバージョンもあり、こちらはエンジニアがこだわり抜いたパーツを使ったカスタマイズモデル。

値段は倍しますが、カスタムモードというものが搭載され、その分音作りの幅も広がっているので、予算に余裕がある人はぜひ。

価格をチェック

 

Ibanez Tube Screamer

チューブスクリーマーも数多くのギタリストが使用しているオーバードライブのド定番。

世の中にはTS系と呼ばれるオーバードライブがたくさんありますが、大本はこのTube Screamerです。

 

実はこのチューブスクリーマー、単体ではそこまで深くは歪まず、しかも中音域に寄ったサウンド。

歪み系のエフェクターとして使っている人はそこまで多くありません。

 

ではどのように使うのかというと、もっぱらブースターとして使われています。

中音域に寄っているということはハイゲインにしても耳に痛くならず、そして素直に軽く歪むので、アンプやメインの歪みエフェクターのキャラクターを変えることなくブーストすることができるんです。

価格をチェック

 

One Control Strawberry Red Over Drive

エフェクター・アンプのビルダーとして有名なBJF氏が設計した、オーバードライブ。

よくある「往年の名機〇〇を思わせるようなサウンド」というエフェクターではなく、完全オリジナルな設計なんだとか。

そのおかげでより現代的なトーンになり、非常に使い勝手のいい汎用的なオーバードライブです。

 

筆者が試奏して感じたのは、このエフェクター、異常にコスパが高いということ。

音の印象や、ニュアンスへの反応、音作りの幅などは完全に高級エフェクターのそれなのにもかかわらず、非常に安い。

筐体もアルミ削り出しで高級感にあふれていて、個人的には2倍の値段でもおかしくないと思いました。

 

また、非常にボディがコンパクトなのも素晴らしい。大体BOSSの半分くらいの大きさです。

ワンコントロール製品はすべてこのサイズなのですが、エフェクターボードの邪魔にならず、小さな隙間にぽんと入れられます。

このサイズで電池駆動も可能なので、場所や状況を選ばず使えるエフェクターです。

価格をチェック

 

Xotic SL Drive

SL DriveはEP Boosterで有名なXoticが販売しているオーバードライブ。

ジミヘンなどが使っていたマーシャルアンプ「1656」のプレキシサウンドを再現したコンパクトタイプのエフェクターです。

 

大きな特徴として挙げられるのが音作りの幅広さ。この小さいボディからは想像もできない幅広いサウンドに対応しています。

Tone、Drive、Volumeといったシンプルな3つのノブしかありませんが、内部にDIPスイッチがあり、それを使うことによって合計6種類の音色に変更が可能。

さらに、18Vまで昇圧させることでより立体的な音にもなるという仕様です。

 

ジャズコ(JC-120)のようなソリッドステートアンプにつないでも真空管ライクな歪みを得られるので、ジャズコ対策としてもオススメできます。

価格をチェック

 

VEMURAM Jan Ray

質の良いオーバードライブサウンドさえ出れば値段や汎用性なんかどうでもいい!っていう人にイチオシなのがこちら、VemuranのJan Ray。

若干マイナーなペダルではありますが、オーバードライブ好きの人間ではかなり人気のモデルです。

フェンダーのブラックフェイス期のツインリバーブを再現したオーバードライブになります。

 

いわゆるローゲイン系のペダルで、ゲインを上げていっても強く歪むということがありません。まさにオーバードライブ専用です。

その分、音のクオリティはかなり高く、解像度もかなり高め。

JC-120などのソリッドステートアンプにつないでも、まるで真空管アンプのような豊かな倍音を含む歪みが得られます。

 

ただ、エフェクターの中でもかなり高額な部類に入るので、なかなか手が出しにくいエフェクターでもあります。

それでも俺は良い音が出したいんだ、という人はぜひどうぞ!

価格をチェック

 

JHS Pedals SuperBolt V2

ジミヘンやジミーペイジといった伝説的なギタリストがレコーディング時に使用していたSupro Thunderboltというアンプの歪みを再現したオーバードライブ。

JHS Pedalsといえば、今かなり人気のエフェクターメーカーですが、その中でもこのSuperBoltはトップクラスの人気と知名度を誇ります。

 

歪み方の傾向としては、いわゆるビンテージ系のサウンドで、深く歪ませるとブーミーで分厚くなっていきます

小綺麗でまとまりのよく、粒の細かい最近のオーバードライブとは対照的なサウンドで、荒々しく線が太いのが特徴といえるでしょう。

クラシックロック系の曲とよく合いそうなサウンドです。

 

ちなみに筆者はこの系統のサウンドが結構好きで、バンドを組んでいたときにはSuperBolt V1の方を所有していました。

V2になってますます操作性と音作りの幅が広がっているので、かなりオススメです。(というか僕もほしい)

価格をチェック

 

Leqtique Redemptionist

歪み系でメインはオーバードライブだけど、どうせならディストーションくらいまで歪ませられるやつが欲しい!という人にオススメなのがこちら、Redemptionist。

9/9などの現代的な歪みに定評があるLeqtique(レティーク)製のエフェクターです。

 

Redemptionistはオーバードライブはもちろん、深く歪ませればディストーションサウンドも対応可能。

さらに、歪みを最小限に押さえることによって、クリーンブースター的な使い方もできるので、1台で3役こなせます。

音の傾向としてはハイにエッジが効いて、前に出てくる印象があるのでリードギターなどに合うんじゃないでしょうか。

 

レティークにはMaestosoというオーバードライブもあるんですが、Redemptionistのほうが汎用性が高くオススメです。

MaestosoはTS系のサウンドなので、そっちの方が好きという人も多いんですけど、正直これは好みによります!笑

レティークのエフェクターは結構安いので、予算に余裕がある人はどっちも買ってみるっていうのもアリかもしれませんね。

価格をチェック

 

Crews Maniac Sound Quadrive

最後にちょっとマニアックなオーバードライブをどうぞ。

こちら、ギターメーカーとして人気のCrews(クルーズ)が出しているオーバードライブ。日本製のエフェクターです。

CrewsからG.O.D(Genius Overdrive)というエフェクターが出ているんですが、その激しい歪みを落とし、オーバードライブに最適化したのがこのQuadriveです。

 

なんとノブが8つもついており、「CONTOUR」や「IMP-ADJUST」という見慣れないパラメータもあります。

これらを使うことによって他のオーバードライブエフェクターにはないような音質の変化をさせることができ、多彩な音作りが可能です。

さらにブースタースイッチもついて、至れり尽くせりといった感じ。

メーカー名がCrews Maniac Soundだからか分かりませんが、その名の通りかなりマニアックなエフェクターですね。笑

 

ただ、サイズが結構大きいのでボードの場所を取ります。大体BOSS2個分くらい。

ブースターどオーバードライブが一緒になってると考えると、まあそんなもんかって感じですが、コンパクトな環境を目指している人はサイズもチェックしたほうが良いかもしれません。

価格をチェック

 


まとめ

というわけで、おすすめのオーバードライブペダルを紹介しました。

見ていただいたので分かると思いますが、正直どのペダルもサウンドのキャラクターが全く違って、しかもそれぞれがちゃんと良い音なので迷ってしまいますよね。

どれも素晴らしいエフェクターですが、最終的には弾く人の好みになると思うので、購入のときには自分好みの音が鳴るかチェックしてみましょう。

また、筆者は音楽関連の講座動画をYouTubeでたくさん公開しているので、よかったらチャンネル登録お願いします!

サッキーのYouTubeチャンネル

筆者のツイッターはこちら!

サッキーのTwitter

機材レビューカテゴリの最新記事